FXリピート注文実践記【年利100%への道】

米中貿易交渉はもはや交渉ではなく戦争の様相を呈してきていますがその影響もあって最弱通貨の一つとなっているのが豪ドルです。

 

EUR/AUDの天井が近そう?

 

AUD/USDのドルストレートは2018年の最安値を下抜けしていますのがここ数年の範囲ではそろそろ下げ止まりかな?と思われるラインまで来ているとも取れますがロンガーの断末魔の叫びが聞こえるまで攻めてくるかもしれませんし・・・まぁわかりませんね。

 

またAUD/USD(豪ドル/米ドル)のロングはマイナススワップなわけですし、担がれた時に中長期でポジションを持つのはリスクが高すぎるわけです。

 

 

 

 

私がマネパのリピート注文でショート設定をしているEUR/AUD(ユーロ/豪ドル)も豪ドルの弱さから1.63近辺まで上昇してきていますが、この通貨ペアの場合、過去のチャートを見て判断する限りそろそろ反転下落の可能性が高い水準まで上げていると私は判断しています。

 

もう実際にマネパのリピート注文ではショート設定が掛かってポジション立ててますけどね。

 

≪EUR/AUD日足チャート≫

EUR/AUDの天井が近そう?

 

≪EUR/AUD直近1年の値動き≫

EUR/AUDの天井が近そう?

 

 

 

過去の例では1.630〜1.635辺りで高値を付けて下落するパターンが多いですし、まだ記憶に新しい1月3日のフラクラの時でも1.642辺りが最高値でその後1.570近辺まで訳700pips以上の下げを見せています。

 

まぁ相場の世界ですからその裏をかこうとEUR/AUDの上方向のストップを狙う動きも充分に想定しなければいけないところですがこのEUR/AUD(ユーロ/豪ドル)は意外とショートではスワップも付きますから資金的に余裕を持って取り組む分にはかなり狙い目の価格帯まで来ていると考えます。

 

 

 

まぁ俺的には1.650をオーバーするまで担がれても余裕の資金管理で550〜600pips狙っていきたいところですわぁ!!。

 

もしこの記事を見て同じくEUR/AUDショートを狙おうって方は資金管理に余裕を持って自己責任でお願いします。('ω')ノ

続きを読む≫ 2019/05/19 18:07:19

トランプがプロレスラーだってことに市場も気づき始めた

 

この記事は米中貿易交渉の一日目が終了した2019年5月10日の午後3時過ぎ(日本時間)に書いていますが、アメリカが中国への関税を25%にする発動時間が日本時間13時1分ということでそれまでクロス円を中心に上下していたというのが今までの今日の状況でした。

 

エコノミストはドル円100円まで行く可能性があると脅すわけですから中々ロングしずらい状況ですよね。

 

その後トランプ大統領のツイッター発言から楽観ムードが広がり上昇、しかし実際は関税強化が実行されて東京時間の初値近辺まで戻してからまた上げ始めている状況です。

 

 

 

相場は常に先を込んで動いているわけですから当然なのかもしれませんが現時点ではアメリカが関税を挙げてまさに貿易戦争スタートのゴングが鳴ったという状況なわけですが市場は何故か関税強化発動前より穏やかでまるで普段の東京時間と変わりません。

 

悪材料出尽くしとも言えますが中国の対抗措置がまだ出ていないわけですから完全に悪材料が出尽くしてもいないわけですから、こののんびりしたムードはなんなの?と正直思ってしまいますね。

 

トランプ流の交渉術にそろそろ慣れたほうが良いのかもしれない

 

トランプがプロレスラーだってことに市場も気づき始めた

 

トランプが就任して2年4か月程が経つ訳ですがまさに恫喝で世界を動かすアメリカのジャイアン(ドラえもんの)なムードで世界は彼をとらえていますし、半ば諦めている感があるわけですが彼の大統領就任から今までを見てくると別に暴力(戦争)を振るって世界を動かしているというわけではないわけです。

 

アメリカの持っている軍事力、経済力で精神的に交渉相手を威圧して交渉を有利に進めようとすることはもちろんあるわけですが・・・。

 

 

 

今回の米中貿易交渉も急遽中国の副首相が訪米したにも関わらず関税強化を発動したのはトランプ流の交渉術という事をそろそろ市場は気づいて来たのでないかという感を強く感じるのは俺だけでしょうかねぇ?

 

今の段階はプロレスで言えばリングに上がったタイガー・ジェット・シンがサーベルを口に加えてジャイアント馬場を恫喝している状況で間もなくこの試合は自分に有利な状況で引き分けで終わり(実質的にはアメリカが6対4で勝ちの内容)、試合後には何事もなかったように二人は仲間を引き連れて焼き肉屋へ行きましたとさ的な落ちが見えてしまうわけです。
(50代なもんで例えが古くてすいませんwww)

 

 

 

FXをやっている人間としてはトランプ大統領に振り回されて「大迷惑」なわけですがネゴシエーター(交渉人)としてのトランプ大統領の評価は高まっているようで表立っては言えないけど実は彼を評価しているという「隠れトランプ大統領ファン」も増えているようです。

 

まぁ仮にトランプ大統領を一流の交渉術を持ったビジネスマンだという見方を今後もするとすれば結局はFXトレーダーとしては証拠金維持率には注意を払いながら彼の交渉中に右往左往することなく対応するのが吉なのかと思う次第です。

 

 

 

本当に怖いのは米中貿易交渉よりもドイツ銀行の件だと思うけどね。

 

まぁいつ出るかわからないお化けの心配をしているとトレードできないので心の隅に留めてはいますけどね・・・。

 

続きを読む≫ 2019/05/10 16:37:10
 このエントリーをはてなブックマークに追加