FXリピート注文実践記【年利100%への道】

11月もあと一週間。FX年末相場の注意点とは?

 

11月も残すところあと一週間。

 

12月に入ればクリスマスムード一色になりますし今年成績の良かった欧米の為替ディーラーたちはもうほとんどクリスマス休暇気分かもしれません。

 

今年のノルマ達成できていない為替ディーラーはクリスマス休暇返上で頑張らないといけないらしいですが・・・。

 

 

 

もちろんクリスマス休暇に入る前に彼らもポジションの整理をする事になりますが、一昔までよく言われていた事が「レパトリ」という年末や期末特有の動きです。

 

「レパトリ」とは簡単いえば海外に支店を持つ企業が海外で運用している資金や儲けを本国に送る事を言います。

 

在米の日本企業であれば稼いだドルを売って円を買う動きが出やすいので円高傾向になるというものです。

 

 

 

でも近年ではその「レパトリ」を当てにした円買いオーダーを狙った円売りを仕掛けるファンドも出てきたりと一概に12月は円高傾向とは言えなくなって来ているようです。

 

過去5年間のドル円の12月の月足を見ると

 

2017年 十字線
2016年 陽線(円安)
2015年 陰線(円高)
2014年 陽線(円安)
2013年 陽線(円安)

 

過去5年間のうち円高だったのはわずか1回のみで円安が3回もありました。

 

「レパトリ」という資金の流れはもちろん無くなったわけではないでしょうが12月イコール「レパトリ」に依る円高という傾向は完全に過去の物になり、むしろ円安傾向の方が強いわけです。

 

年末のポジション整理で豪ドルとポンドに注目

 

私が土曜日起きると必ずチエックするIMF通貨先物ポジションでは想像通りAUD/USD(豪ドル/米ドル)のショート・ポジションが確実に減ってきているのが見て取れます。

 

シカゴ先物市場 AUD/USD(豪ドル/米ドル)建玉数 11/24発表分
11月もあと一週間。FX年末相場の注意点とは?

 

 

GBP/USD(ポンド/ドル)のショートも多少トリッキーに上下していますが減少傾向と見て良さそうです。

 

シカゴ先物市場 GBP/USD(ポンド/ドル)建玉数 11/24発表分
11月もあと一週間。FX年末相場の注意点とは?

 

 

 

決めつけはもちろん良くありませんが近年の「年末は円安傾向」と合わせて考えれば豪ドル円、ポンド円辺りは資金管理をしっかりすれば押し目買い方針かなと個人的には考えます。

 

ポンドに関してはブレグジット(英国のEU離脱)問題で相当に荒っぽい動きをしていますからリスクも大きい部分はありますが現時点では悪材料出尽くし感も見て取れますから年末のファンド勢のショートポジション整理の動きも含めて注視です。

 

続きを読む≫ 2018/11/25 15:43:25

チャート上でも当面の底を付けた感が出てきたオセアニア通貨の豪ドルとニュージーランド円。

 

豪ドル米ドル 週足チャート
豪ドルのショートポジ減らないと下がらね

 

 

 

豪ドル米ドル 日足チャート
直近の高値を明確に上抜けました
豪ドルのショートポジ減らないと下がらね

 

 

 

豪ドル円 日足チャート
サードアタック失敗でセリクラ(売りのクライマックス)的な下ヒゲが確認できます
豪ドルのショートポジ減らないと下がらね
(黄色い点線は私が入れているマネーパートナーズのリピート注文設定)

 

 

 

 

 

豪ドル米ドルのIMF通貨先物のショートポジションも徐々に減少してきましたのでそろそろヘッジファンド勢のショートポジションからの逃げが本格的なものになりそうだと私は見ています。

 

豪ドルのショートポジ減らないと下がらね

 

 

 

そうなると裁量取引、リピート注文共に豪ドル円、豪ドルと連動しやすいニュージーランド円は積極的にロング方向で攻めていきたいところではあります。

 

 

 

しかし相場はそう単純に都合よく新規のロングを入れやすいチャートを作ってくれるとは限りません。

 

ヘッジファンド勢のショートポジションの解消が本格化して来ると少し下がったところでショートポジション解消のためのロングが出てきてすぐ値を戻す傾向があり、中々旨味のありそうな押し目を作ってくれない場合もありますからね。

 

 

 

21日は豪ドル円に関しては直近高値から1.5円ほど下落しています。

 

ここから下はショートポジションの解消のための買い(ロング)圧力が減るまでは厳しいと私は考えていますので最悪を想定して豪ドル円78円まで耐えられるレバレッジでロングで拾って行くつもりです。

 

正直いえばチキンな俺は70円以下でも耐えられる設定にしてますけどね(笑)

 

 

 

チャート的には最高に下げても豪ドル円だと当面は79.80円かな・・・。

 

そこまで来るようならまさに絶好の押し目ですからガッツリロング入れますわ!!

 

豪ドルのショートポジ減らないと下がらね

 

ファンドのショートが解消されてきたらまた一時的に下攻め再開もありえますが仮にそういう状況があったとしてもまだ数週間後ではないかなと。

 

続きを読む≫ 2018/11/21 16:42:21

メキシコ・ペソが高金利の理由はトルコと違うそのワケとは?

 

2018年11月16日04時(日本時間)メキシコ中銀は、市場の予想通りに政策金利を7.75%から8.00%に引き上げました。

 

また際のメキシコ中銀の声明では「内的・外的要因により、メキシコペソには依然として下方圧力がかかっている」 、「メキシコペソは新空港建設中止や新政権の政策への懸念に影響された」と最近のペソ安の原因は次期大統領にあると指摘しました。

 

 

 

市場は利上げを織り込み済みということでほぼ無反応でしたがスワップポイントは確実に増えてくれるわけでスワップ狙いのメキシコ・ペソロンガーにとっては嬉しいことです。

 

 

 

タイミングよくみんなのFXでは16日にメキシコ・ペソの今後の展望についていつもの新興国事情にとてつもなく詳しい広瀬先生のネットセミナーがありました。

 

毎度のように圧倒的な情報量と分析に思わず納得のセミナーでした。

 

 

 

広瀬先生曰く高金利通貨の代表選手であるトルコや南アフリカとメキシコでは高金利にする理由が大きく違うそうです。

 

トルコや南アフリカはシンプルに言えば国内のインフレを抑制するための高金利であるのに対しメキシコはアメリカからの投資を呼び込むため高金利を維持しているのであって実際メキシコは現在インフレではないそうです。

 

アメリカからの投資を呼び込むためにアメリカの金利プラス5%程度を自国金利の目安にしているとの事。

 

メキシコ中銀総裁は過去にもIMFの総裁を輩出するなどトルコ辺りと違って世界的に見ても金融界のエリートなんだそうですわ。

 

 

 

メキシコだけではなくトルコ、南アフリカ、豪ドル、ニュージーランドドルなども今年冴えなかったのはひとえにアメリカの金利高で投資資金が新興国から、より安全な米国国内に留まる量が増えていたせいです。

 

まぁメキシコは大して弱含んでいませんからこれらの国と比べるのは失礼ではありますが。

 

日本の人口ピラミッド

 

メキシコ・ペソが高金利の理由はトルコと違うそのワケとは?

 

これが我々が日々感じている日本の現状と未来ですね(汗)。

 

そもそも資産を日本円だけで持っている事はハイリスクかもしれません。

メキシコの人口ピラミッド

メキシコ・ペソが高金利の理由はトルコと違うそのワケとは?

 

ある意味、高度成長期の日本よりバランスが取れています。

 

これからの国だとわかります。


 

 

 

 

アメリカの利上げがあと何回あり、いつで終わるのかに市場の目が向い始めているムードを感じる昨今、豪ドル、ニュージーランドドルなどは一足早く底打ちしたと判断する大手証券会社も出てきています。

 

 

 

FXの相場はとにかく先の先、一年後や数年後を見て少しずつ織り込んでいく世界ですからまだモタモタしている今のうちが絶好のメキシコ・ペソの仕込み時期だと私は思っていますので
一番メキシコ・ペソ円のスワップが高いみんなのFXで小まめに下値を拾って結構と仕込み始めてます。

 

 

後は治安が良ければ言うこと無しなんですが新大統領は治安の改善に力を入れるらしいですから期待しましょう。

 

 

 

続きを読む≫ 2018/11/17 20:03:17

今日はチャートは読み切れていたが負けトレードという悔しい結果でした。

 

ポンド円ロングでエントリーしたわけですがストップが浅かったために狩られた後、現時点で200pips上がっているというパターン。

 

下図の赤丸の下ヒゲでストップ狩りにあった後、どんどんと上げて行きました(T_T)

 

ポンドの建玉数には気を付けねば

 

値動きの荒いポンドに対して損切り幅の設定ミスという事になるわけですがポンド円とかは30pips程度の損切り幅では今回のような事になりがちです。

 

 

 

その時の状況によりますから一概に損切り幅は何pipsが適切なのか?どれくらいの位置にストップ入れるべきなのかを決める事はできないわけですので、やはり重要になることはそのトレードで何pips取るつもりなのかという事です。

 

今回のトレードの場合、ここでロングで入るなら250pipsを狙えるトレードでしたからそれに見合ったストップ位置にするべきだったわけです。

 

今回の場合は直近安値を割る80pips下くらいにストップを置くのが定石ですし、ある意味そのストップを狩られるのは「納得できる負けトレード」です。

 

 

 

トレードの絶対的ルールとして「資金の2%以上は一つのトレードで失ってはいけない」という事がよく言われます。

 

それを大前提とすると80pips負けたときに最大で資金の2%以内に収まる建玉数を考えないといけない。

 

 

 

もちろん常にそこまで勝負す必要もないですから自信がある時だけですが・・・。

 

 

 

今回のトレードの反省点は中途半端な根拠のないストップを置いて、中途半端に負ける一番やってはいけない「納得のいかない負けトレード」でした。

 

 

 

まぁこういう時は相場が読めていない日なわけですから下手に挽回しようなんて考えて大きく張ってもロクな事になりませんからまた明日以降ですね(;^ω^A

 

ポンドの建玉数には気を付けねば

 

 

 

 

続きを読む≫ 2018/11/14 01:28:14
 このエントリーをはてなブックマークに追加