FXリピート注文実践記【年利100%への道】

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

金先協会が行った実態調査では、昨年(2017年)のFXの損益について、性別・年齢別・職業別・世帯年収別の回答も公表されている。

 

これを紐解いていくと、いくつかおもしろい傾向が見つかった。

 

ひとつは、性と年齢と利益の関係だ。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

上の表を見ると、男性は加齢とともにFXの利益の人が減る傾向にあることがわかる。

 

 

 

ところが反対に、女性は加齢とともにFXの利益の人が増えていく。

 

歳を重ねると男性は下手になり、女性は上手になる人が多いのだ。

 

いったい、どんな背景があるのかまではわからないが、気になる傾向だ。

 

私が思うには男性は年を取るほどに短気になり、気持ちの制御が出来なくなる傾向が高くなるからだと思う。

 

私ももう十分に初老の域に到達していますので自戒が必要ですわ。

 

 

 

話は少しずれますが年を取ると涙もろくなるのも気持ちの制御ができにくくなるのが原因らしい。

 

これに酒なんて入って酔ってたらFXの負けトレード量産ですからおっさんトレーダーは要注意ですぞ!

 

FXは「高所得者は上手で、低所得者は下手」!?

 

さらに、職業と利益の関係を見てみると、個人投資家にとって「残酷な現実」が顕著に表れる。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

「役員・管理職」に区分される人では73.6%が利益となっており、全体の60.3%を大きく上回っている。

 

一方、全体を下回っているのが「無職・年金・学生」、「アルバイト」、「専業主婦(夫)」だ。

 

世帯年収と利益の関係を見ても、「残酷な現実」は示される。

 

「世帯年収が高いほど、利益の割合が増える」という傾向だ。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

世帯年収200万円未満では、利益の割合が34.4%しかない。逆に、700〜1000万円は71.0%、1000万円以上だと67.9%だ。

 

仕事で出世し、稼いでいる人はFXでも稼ぐし、逆にフリーターや無職で年収が少ない人は、FXで起死回生を狙っても泥沼にハマるだけ…そんな傾向があるのだとしたら、元も子もないのだが。

 

人間の本能として利益は早く確定したい!

 

損失は反転の可能性を信じて引っ張ってしまい、それまでの利益をすべて吐き出してしまう・・・。

 

 

こんな経験は皆さん多かれ少なかれあるのではないかと思います。

 

やはり機械的なトレード(感情の入る余地のないトレード)をいかに取り入れていくかが重要なんですね。

 

パチンコやギャンブル的にFXを楽しんでいるようではダメって事なのかな・・・。

 

「低所得者が下手」なのは、高レバレッジやスキャルのせい?

 

「低所得者は下手」という、この残酷な現実は、レバレッジとの関係から説明できるかもしれない。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

 

世帯年収が400万円未満だと、15倍以上の高いレバレッジで取引する人が多い傾向があるためだ。

 

あるいは、所得の低さと利益の関係は、取引スタイルからも説明できそうだ。

 

 

 

実態調査では「新規建玉(新規ポジション)の平均的な保有期間をお答えください」との設問がある。

 

選択肢は「1分未満」から「5年以上」まで10個あるのだが、ここでは1分未満から10分未満を「スキャル(スキャルピング)」、10分以上1日未満を「デイトレ(デイトレード)」、1日以上1か月未満を「スウィング」、1か月以上を「長期」と分類して、回答を見てみよう。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

世帯年収別での回答で、「1分未満から10分未満(スキャル)」と答えた人は、200万円未満では13.7%と、全体(6.8%)より2倍も多かった。

 

つまり、「低所得者はスキャル好き」という傾向がはっきり表れている。

 

 

 

一方、年収が1000万円以上で、スキャルと答えた人は4.4%と、全体よりも目立って少ない。

 

「世帯年収が増えるとともにスキャルパーが減っていく」傾向があるようだ。

 

なお、この設問にスキャルと回答した男性は全体より多く、特に、20代男性では全体の2倍近い比率となっている。

 

所得の低い男性がスキャルピングを好む傾向にあるのかもしれない。

 

 

 

「低所得者はスキャル好き」という傾向は、別の設問からもうかがえる。

 

実態調査の「年間でどのくらいの回数の取引を行いますか」との設問に対して、回答の選択肢は7つあるのだが、ここでは500回以上を「スキャル(スキャルピング)」、50回から500回未満を「デイトレ(デイトレード)」、1回未満から50回未満を「中長期」と分類してみた。

 

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】

 

世帯年収別での回答で、「500回以上(スキャル)」と答えた人は、200万円未満では19.5%と、全体の12.3%を上回った。

 

また、職業別での回答で、無職・年金・学生の人も、「スキャル」との回答が全体をやや上回っており、スキャルを好む傾向があると言えそうだ。

 

 

 

年収が低いから、多くの元手を投じられない。

 

それでもハイリターンを求めるから、高いレバレッジをかけて取引せざるを得ず、戦略的な幅が狭まり、損失を被る…そんなシナリオだろうか。

 

 

 

低世帯年収を狙い撃ちした分析のようで申し訳ないのだが、もちろん、そんな意図はない。

 

データを見ると傾向が顕著になるのが、たまたまその層だった、ということでしかないのだが…。

 

戦略的な幅が狭まる・・・。

 

いくつかあるFXの勝ちパターンのうち選択できる手法が狭まるということは確実に不利な戦いを強いられるという事です。

 

キックボクシングでキックは使えないという縛りがあれば圧倒的に不利なわけで・・・。

 

一発逆転を狙いたい気持ちは痛いほどわかりますがやはり初心者さんは最初は100通貨から基本的な戦い方を身につける方が退場しない最良の方法だと私は思います。

 

 

 

 

(参照)
http://zai.diamond.jp/articles/-/302332?page=2

続きを読む≫ 2018/12/30 22:15:30

2018年12月のFX取引,FX,リピート注文,実践,体験,年利100%

 

FX会社などが加入し、金融庁との橋渡しを行う自主規制団体である金融先物取引業協会(以下、金先協会)が行った調査結果が発表された。

 

この金先協会が、個人投資家1000名を対象に行ったのが、「外国為替証拠金取引の取引顧客における金融リテラシーに関する実態調査」(以下、FX実態調査)というもの。

 

2018年2月23日(金)から3月1日(木)に調査が行われ、9月27日(木)に報告書が公開された。

 

 

 

昨今、現在25倍のレバレッジ規制のさらなる規制強化が政府内で討論されている現状に対してFX業界としてそれに対抗するために実態を政府によく理解してもらい規制強化を避けたい狙いもあるようです。

 

 

 

今回はそんなFX実態調査の一部を紹介しながら、FXを取引する人の実像に迫っていこうと思います。

 

FXを取引している人はどんな人が多い?

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

2017年に金先協会が行った「金融先物取引に関する個人投資家の意識調査」で、FXの取引経験アリと答えた人たちの割合から調べると下表のとおり、FXを取引するのは男性が多く、もっとも多いのは30代、ついで40代といったところです。

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

 

 

また「金融先物取引に関する個人投資家の意識調査」の報告書も見てみると、世帯年収が増えるほど、FX経験者の比率も増えていることがわかる。

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

ただ、これは、株式や投資信託など、金融商品全般に当てはまる傾向でFXに限った傾向ではないようだ。

 

もはや株式やFXの口座開設や取引継続に必須ともいえるマイナンバーカードの保有率が2018年3月1日現在で人口比10.7%ということも考えれば未成年やマイナンバーカードって何?的なご老人を除いても投資マインドのある人達は20%以下だという事ですかね。

 

取引経験5年以上のベテランが多数派?

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

FX取引の経験年数を尋ねた設問に対して、もっとも多かった回答は「5年以上」で、しかも44.9%とその割合は高い。

 

半数近くが5年以上の経験を持つベテラントレーダーということになる。

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

20代男性の場合、FX取引経験が1年未満の人は42.4%と、実際に目立って多い。

 

若いんだから初心者が多くて当たり前ですが・・・。

 

でも、30代以降になると数字は一変し、5年以上の経験を持つベテランが多数派になる。

 

苦戦することも多いであろう「最初の1年」さえ乗り越えられれば、3年、5年と生き残っていくことになるのかもしれない。

 

 

 

ぶっちゃけ例えればローレバで70円台の豪ドル円を拾って放置しておける資金のある人はFXで負ける確率はとても低いわけでそのようなFXの鉄板必勝法はあるわけですがハイレバレッジでスキャルピングやスイングトレードで短期間で大きく稼ぎたい人たちは入れ替わりが多いのも確かでしょう。

 

 

勝っても負けても、年間20万円未満のトレーダーが6割

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

このFX実態調査で、おそらく一番興味深いのは「他の人はFXでどれくらい稼げているのか?」ではないでしょうか?。

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

冒頭で紹介したように、全体の60.3%の人が「昨年(2017年)の損益はプラス」と回答している。

 

俗に「FXで稼げるのは3割」なんて言われるが、実際にはもっと多くの人が利益をあげていることになる。

 

 

 

では、いくら儲かっているのか、金額別に見ると、もっとも多いのは、年間利益が20万円未満の人たちで35.6%。

 

稼いでいるといっても、そこまで大きな利益をあげているわけではないようだ。

 

逆に、損失を見ても、20万円未満が28.4%ともっとも多い。勝っても負けても、年間20万円未満のトレーダーが6割ほど、ということになる。

 

 

意外に皆さん堅実なのかリスクの取れる範囲でFXを利用しているという事でしょうか?

 

まぁこの調査の中にはハイレバで一攫千金を狙い、退場していった侍たちは入っていないかもしれませんのでFXの名言である「まずは生き残れ!儲けるのはそれからだ!!」という言葉を私も肝に命じてとりくんで行こうと改めて心に刻みたいと思います。

 

FXにしては、損益が小さいワケは?

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

証拠金に25倍のレバレッジをかけられるため、「ハイリスク・ハイリターン」なイメージもあるFXだが、それにしては損益の金額が小さいように思う。

 

だが、その謎は取引金額の回答と合わせて見るとすんなり解ける。

 

FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】

 

「新規取引1回あたりの平均的な取引金額」についての回答で、もっとも多いのは「10万円未満」で42.8%だった。

 

10万円、つまり、米ドル/円にざっくり換算すると約1000通貨だ。

 

100万円(約1万通貨)未満で合計すると、全体の75.8%にもなり、4人のうち3人は1000通貨単位での取引を重ねていることになる。

 

取引量が小さいため、年間損益も20万円以下の少額に収まる人が多いのだろう。

 

 

 

 

 

(参照)
http://zai.diamond.jp/articles/-/302332

続きを読む≫ 2018/12/23 15:37:23

豪ドル/米ドル「特大オプション」でどう動く?

 

本日12月3日の豪ドル/米ドルのオーダー状況は以下の通りとのこと

 

【豪ドルリアルタイムオーダー】

 

0.7600ドル 売り
0.7550ドル 売り
0.7500ドル 売り厚め
0.7460ドル 売り
0.7425ドル 売り厚め
0.7420ドル 売り
0.7400ドル 売り、OP3日NYカット大きめ

 

0.7365ドル 12/3 14:18現在(高値0.7384ドル - 安値0.7348ドル)

 

0.7300ドル OP3・4日NYカット大きめ
0.7280ドル 買い
0.7250ドル OP7日NYカット極めて大きめ
0.7180ドル 買い

 

※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。

 

まず想像できるのは本日3日は0.7400ドルOP(オプション)対0.7300ドルOP(オプション)の対決でこの100pipsの間を上下して窓埋め狙いの浅いストップのショーターを狩りつつロング・ポジションが増えたところを7日の「0.7250ドルのOP(オプション)NYカット極めて大きめ」で刈るという展開ですよね。

 

そうなると仮にこのパターンになった時は週末金曜日のニューヨークタイムまで豪ドル/米ドルと豪ドル円は窓埋めしない可能性もありますね。

 

 

 

FX会社が提供するニュース等で流れるオプション数量の表現の目安は
大きめ:10億通貨単位以上、
非常に大きめ:20億通貨単位以上、
極めて大きめ:30億通貨単位以上。

 

極めて大きめのオプションはドル円はもちろん豪ドル/米ドルなどでは普段お目にかかれない大規模オプションですから少なからず値動きに影響を与えると考えられます

 

豪ドル/米ドルと豪ドル円もそろそろ一度押し目作ってもおかしくない状況でもありますしね・・・。

 

豪ドル/米ドルと豪ドル円の窓埋めを狙ったショート・ポジションを持っている方は余程のハイレバでストップ狩られる可能性のある方はご愁傷様ですがそうでない方は「0.7250ドル OP7日NYカット極めて大きめ」に期待して頑張ってみますか?

 

豪ドル/米ドルオプション,極めて大きめ,2018年12月のFX取引,FX,リピート注文,実践,体験,年利100%

 

続きを読む≫ 2018/12/03 15:45:03

G20も終わり注目されていた米中の関税を巡る貿易戦争がとりあえず90日間棚上げとなりドル円を含むクロス円は月曜窓開けでスタートした通貨ペアが多かったですね。

 

米中の関税問題で一番注目が集まる豪ドルは90pips近い上窓を開け、ユーロ円も30pips程度の上窓を作っています。

 

魔性の女ユーロに手を出してみた

 

 

 

豪ドルはこのブログで再三取り上げている様に只今ヘッジファンドのショート・ポジション絶賛解消中ということで行くところまで一度上げきらないと下がらない様相を呈していますのでショートでは入りづらい局面でもあります。

 

その点ユーロ円は豪ドル円に吊られての上窓だと判断してショート入れてみました。

 

 

 

過去の記事でも書きましたが「閉めない窓は無い」とも言えるわけですが問題はいつ閉めるのか、それまでにどれくらい逆行する可能性があるのかという点です。

 

 

128.20円にはストップの売りが溜まっているとも言われますが今回は欲張らずに窓埋めポイントで利確、深追いはしないで置きます。

 

続きを読む≫ 2018/12/03 12:19:03
 このエントリーをはてなブックマークに追加