FXリピート注文実践記【年利100%への道】

スワップ11倍は甘い罠??

 

いよいよもうすぐに迫ってきました平成最後の10連休!

 

平成最後といいますか令和元年を祝う連休なわけですが五十数年生きてきたオッサン的にもお国を上げてのこんな長期連休は初体験ですぜ!!

 

リーマンの皆さんはワクワクなのかもしれませんが自営業のジョージとしては混んでるし高いしで何も嬉しくありません。

 

 

 

高いと言えば今日のテーマであるスワップポイントのお話です。

 

 

なにやら5ちゃんの市況スレなど見るとスワップ11倍の日もあるとか・・・。

 

 

そりゃーすげー!!

 

 

普段は水曜日のニューヨーククローズ後(日本時間木曜早朝)にスワップ3倍というのは毎週の恒例ではありますが11倍は私も初体験です!!

 

この歳になると何でも初体験する機会が減りますからねーwww

 

 

 

しかしこのスワップ11倍は日本の業者内でも統一されているわけではなくFX業者によってそうではないところも多々あるらしいので自分の使っているFX業者はどうなのか一度確認してみた方が良いようですよ。

 

FX初心者は要注意です

 

私も初心者の頃であればじゃースワップ11倍もらえる日にロングして貰い終えてから次の日にポジション解消しようなんて考えていたでしょうが、長年為替をいじっているとそんな初心者を狙い定めてカモろうとする動きも色々と想像してしまうわけです。(FXを長くやってると根性へんまがりますから止めるなら早いほうがいいかも(笑))

 

 

 

これからの話しはあくまで一例ですがスワップ11倍を与える業者の場合

 

豪ドルのスワップに関しては4月23日のニューヨーククローズ後(日本時間4月24日早朝)にスワップが貰える。

 

米ドルスワップに関しては4月24日のニューヨーククローズ後(日本時間4月25日早朝)にスワップが貰える。

 

というパターンが多いようです。

 

豪ドルのスワップが貰えるのが一日早いのはオーストラリアの祝日が絡む関係だそうです。

 

自分の使っている業者がそうかどうかは別にしてこの「美味しいスワップ11倍デー」に群がるFX初心者の子羊たちを狙わない狼はいないわなぁー。

 

スワップ11倍は甘い罠??

 

ニューヨーククローズ後はそもそもスプレッドも豪ドル円あたりは普段の5倍くらいになることも普通ですし、早起きしてスワップもらったらすぐに切ればいいや〜的な単純なスワップ狙いのロングはそれなりのリスクを覚悟した上でないとオススメできませんね。

 

 

 

正月のフラクラ(フラッシュクラッシュ)もまだ記憶に新しいですからある程度のFX歴のある人はクロス円のポジションを解消するなり極力減らすなりの対応をする人が多いでしょうから今回は連休前のスワップ狙いのロング狩りや連休後の安堵感が広がった後なんかのクロス円売りが怪しいと個人的には警戒しています。

 

 

はてさてすでに欧米は昨日(4月19日)から春のクリスマス的な閑散相場でしたがこれからの2週間どんな嵐が来るのか来ないのか楽しみですね。

 

俺的にはすでにポジションはほとんどスクエァーにしていますのでガッんとクロス円が下がった場合にはドル円、カナダドル円、メキシコペソ円あたりを裁量でロングで仕込みたいとは考えています。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2019/04/20 22:30:20

ゴールデンウィークの外人の円買い対策には両建て?

 

例年、ゴールデンウィークやお盆休みは日本勢が不在の空きを狙って海外勢が円買いを仕掛けてくるのがもはや恒例行事化している感があります。

 

これはスワップを目的とした日本人のドル円、クロス円のロングのストップを狙った動きでしょうが今年のゴールデンウィークはなんと言っても10連休の超大型連休ですし、正月のフラクラ(フラッシュクラッシュ)と言われる激烈な円買いの仕掛けもまだ記憶に新しいところですからどうしても用心したくなるところですよね。

 

令和のスタートと新天皇即位で祝賀ムードの日本人に冷水を浴びせるシナリオが想像できてしかたないわけですが・・・。

 

用心している時は仕掛けて来ないという可能性もありますが、ここ数日のクロス円のジリ上げの不気味さを見るとこれも連休にガッツリ下げるための仕掛けの始まり?なんて感じるのは俺だけですかねぇ?

 

両建ては有効な対策手段?

 

大型連休中はオーバーナイトでポジションを持ち越さないようにするという事もこの時期は有効な手段ですが、しかしどうしてもまで損切りしたくないとかスワップがどこまで貯まるか挑戦中みたいなクロス円のロングを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

実際、俺もまだ含み損のあるドル円と豪ドル円のポジもってるんですよねぇ・・・。

 

 

フラクラ対策,両建て,スワップポイントの差,マイナススワップで損をしない

スワップも溜まってくるんでまぁ後生大事に持ってるわけですが、この前あるサイトの記事によりますと円キャリートレード全盛時代にFXで8億円稼いだ主婦の池辺雪子さんの連休の円買い対策として「両建て」を上げていました。

 

 

 

「両建ては悪手」と言われる事もありますが結構僕はよく使います。

 

 

 

FX初心者さんは知らない方も多いと思いますが両建てした時は片方の証拠金のみで取引ができますから例えばドル円やクロス円のロングを持っているけどスキャルピングやデイトレードでショートしたいなどという時はその建玉と同量までなら新規に証拠金を使う必要なく反対のショートボジションを持つ事ができます。

 

ある意味、すでに持っているロングでリスクヘッジしているわけですし、証拠金が減るわけではないのでロングの枚数の範囲内なら証拠金が減るストレスなくショートで細かく利益を狙う作戦も可能です。

 

個人的にはこの「両建て作戦」は相性が良いようでショートの勝率ほぼ100%です。

 

両建てを利用する際の注意点

 

ゴールデンウィークの外人の円買い対策には両建て?

 

まぁそうは言ってもその日のうちに思う方に動かずにどうしても両建てを翌日以降に持ち越すパターンもあるわけで、そうなると気になるのが「プラススワップとマイナススワップの差額で損をする心配」です。

 

実は使い始めて最近初めて気づいたのですが「みんなのFX」はプラススワップとマイナススワップがすべての通貨ペアで同じなんですよね。

 

つまり、みんなのFXであれば両建てしていてもスワップポイントで損をすることはないという事です!!

 

 

《黄色で囲まれた部分が一万通貨あたりのスワップポイント(sw)》

ゴールデンウィークの外人の円買い対策には両建て?

 

両建てで損をしないFX会社を選ぶべし

 

ゴールデンウィークの外人の円買い対策には両建て?

 

俺は現在5社のFX口座を使ってトレードしていますが両建でスワップの差額で損をしないのはみんなのFXだけでした。

 

読者さんも両建て作戦を検討したみたいという方はお使いのFX会社のプラススワップとマイナススワップの差を調べてみたほうが良いですよ。

 

本来、プラススワップとマイナススワップの差があるのがおかしいわけでユーザーの使い勝手を考えたら差がない方が良いわけですがほとんどのFX会社ではこの差額で儲けちゃっているわけですわ。

 

 

 

連休中のフラクラ対策もそうですが普段でも結構と地味に使える場面の多い「両建て」を損をせずに使いこなしたいなら「みんなのFX」の口座を利用しするのはメリット大ですぜ。

 

そもそも僕が「みんなのFX」を使っている理由はスプレッドの狭さとスワップポイントの良さですから両建てどうこうは別にしてもお薦めできるFX会社だと思います。

 

 

続きを読む≫ 2019/04/05 12:43:05
 このエントリーをはてなブックマークに追加