FXリピート注文実践記【年利100%への道】

【必見】FX年末の利益調整の方法

 

もう今年も残り数日となりました。

 

今年FXで利益がでた人出なかった人様々でしょうがそれなりの利益が出た人には年明け待っているのは確定申告です。

 

今はマイナンバーがないと基本的にはFXの口座は開設できない流れになっていますから貴方のすべてのFX口座の収益の把握が税務署から見ればとてもやりやすくなっているので脱税がばれやすくなっています。

 

 

 

そこでお勧めの合法的な年末の利益調整の方法は「両建て」です。

 

この手法は今年FXで利益が出てうれしい人はもちろん、今年FXで利益が出ずに来年に掛けている方にも有効な方法ですので要はFXに取り組んでいるすべての人に使える手法です。

 

 

 

為替相場は12月31日も動いていますし厳密にいえば日本時間の年越しの瞬間も24時ジャストも土日でなければニューヨーク市場では取引が行われています。

 

今年の年越しは平日ですからこの条件に該当していますね。

 

少なくとも来年の年越しも木金ですので該当していますね。

 

年末に両建てをしておいて年が変わる瞬間の数秒前に両建ての損している方を決済し、年越しと同時に利益が出ている方を決済すれば今年の利益を減らして来年に持ち越す事ができるわけです

 

 

 

 

しかしここで問題になるのがスワップポイントです。

 

【必見】FX年末の利益調整の方法

 

もちろん両建ての期間が長いほど値動きが大きくなり節税効果が高くなる可能性が高まるわけですが売りポジションと買いポジションのスワップポイント差で損をしてしまっては馬鹿らしい節税対策となってしまいますよね。

 

そうなると重要なのは売りと買いのスワップポイント差がない事です。

 

私がメインに使っている「みんなのFX」は売りのスワップポイントと買いのスワップポイントが一緒です。

 

例えばドル円の10000通貨の買いスワップポイントが一日で50円とすれば売りのスワップポイントが一日で-50円という事です。

 

【必見】FX年末の利益調整の方法

 

 

 

売りのスワップポイントと買いのスワップポイントが一緒というFX会社は実はほとんどありません。というか私は「みんなのFX」の業者しかしりません。

 

「みんなのFX」は取り扱っているすべての通貨ペアーが売り買いのスワップポイントが一緒ですから値動きの激しいポンド円なんかを使えばより節税効果があるかもしれません。

 

 

 

今年はフラッシュクラッシュからはじまって損で終わりそうなんて方は逆に両建ての利益が出ている方を今年中決済して損が出ている方を年明けと同時に決済すれば来年のFXの税金面での利益を減らすというアドバンテージを得る使い方もできます。

 

【必見】FX年末の利益調整の方法

 

売りのスワップポイントと買いのスワップポイントが一緒というFX会社の口座を一つもって置くのはこれからもFXで戦って行くぞ!!という方には必須ですからもう今年は間に合わないかもしれませんがお勧めしますよ。

 

続きを読む≫ 2019/12/28 13:48:28
 このエントリーをはてなブックマークに追加