FXリピート注文実践記【年利100%への道】

ユーロズロチはもはや魅力ある投資ではなくなったのか?

ユーロズロチ投資終わった・・・の巻

 

今回の新型コロナウイルスで世界が大揺れの中、新興国通貨やポーランドズロチなどのメジャーではない通貨は軒並み暴落しています。

 

ポーランドズロチもここ十年無かった安値を対ユーロで付けています。

 

【ユーロズロチ月足チャート】

ユーロズロチ投資終わった・・・の巻

取引量もとんでもない量になっていますね・・・。

 

 

 

逆に言えば11年前にはその位まで暴落した事があるわけですからユーロズロチのような長期のスワップ狙いのショートポジションを持つ際はその可能性を念頭に入れて資金管理しなくてはいけないわけで暴落は暴落で致し方ないのですがユーロズロチのスワップ狙い投資の大前提が今回崩れてしまっています。

 

ポーランドの金利切り下げも・・・

 

今回どこの国も金融緩和一色の中、ポーランドも政策金利を0.5下げて1.0%にしました

 

ポーランド中央銀行、政策金利を1.0%に切り下げ 新型コロナウイルス感染拡大およびそれに伴う経済活動の鈍化を受け、ポーランド国立銀行(NBP)は3月17日、政策金利を3月18日から1.5%から1.0%に引き下げることを発表した。 政策金利の引き下げは2015年3月以来5年ぶりとなる。2020/03/19

 

ポーランド 中央銀行、政策 金利 を1.0%に切り下げ( ポーラン…
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/03/f1476ebfab571741.html

 

ユーロはすでにマイナス金利を導入済みでしたから即この通貨ペアのスワップポイントは下がっていますし、ドル不足ならぬユーロ不足という状態もあるのか一時期はマイナススワップという状況になっています。

 

2020年4月1日現在、OANDAにおいてはとりあえずマイナススワップ状態は回避されていますが一万通貨当りのスワップが約4円弱と概ねコロナ不況発生前のスワップの約27円から1/7程度にまで減らされており、あまりうま味のある投資とは言えなくなってしまいました。

 

 

今後このコロナ不況が収束し、金利状況やスワップの状況が元に戻るまでとりあえず新規でユーロズロチのショートでのスワップ狙い投資はお勧めしにくい状況になっていますのでこれから初めてみようかと検討されている方はご注意ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 


関連ページ

ポーランドズロチとユーロのさや取りトレード検証
ポーランドズロチとユーロの値動きの相似性を利用したトレード手法について検証してみました
ポーランドズロチとユーロのスワップ両取り狙いトレードスタート時の気づきと注意点
ポーランドズロチとユーロの値動きの相似性を利用したトレード手法について実際に運用し、検証してみました
「ズロチとユーロのスワップ両取り狙いトレード」一時撤収とその理由
ポーランドズロチとユーロの値動きの相似性を利用したトレード手法について検証し、実際に運用してみました
ユーロズロチ指値エントリー発動
ポーランドズロチとユーロの値動きの相似性を利用したトレード手法について検証し、実際に運用してみました