3月のリピート注文運用実績2.93%(月利)

20191年3月リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

3月のリピート注文運用実績は7099円

 

2019年3月FXリピート注文運用実績

 

運用利率は7099÷241951=2.93%(月利)でした。

 

年率100%にはまだ遠い成績ですが先月よりはまだましでしょうかね。

 

 

 

もちろんポジション設定を5倍の量にしても証拠金の範囲内で充分まわるので同じ設定で建玉増やせば月利10%も可能なのですがフラクラみたいのが来てバン!してしまったら意味ないしねぇ。

 

まぁ気楽に放置できる範囲のリスクを取りながらこんくらいなら良しとしなきゃかなとも考えています。

 

ブログタイトルを目指せ年利30%に変えましょうかねぇwww。

 

豪ドル/米ドルのSとカナダドル円のLは好調

 

まぁ愚痴はさて置き、先月から設定した豪ドル/米ドル(AUD/USD)のショートとカナダドル円のロングのリピート注文がそこそこ回転してくれています。

 

豪ドル/米ドル(AUD/USD)に関しては豪ドル円のショートでも同じかそれ以上の結果が出るとは思いますが基本的に大きな変動がない限りあまり設定をいじりたくないのでやはりマイナススワップが付く通貨ペアはリピート注文に使いたくないのが本音ではあります。

 

豪ドル/米ドル(AUD/USD)のショートは0.718〜0.712辺りのゾーンで断続的に売りの設定で0.706〜7で利確、カナダドル円のロングは82.50〜81.00辺りのゾーンで断続的に買い設定で83.80で利確というような感じでした。

 

「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」は大丈夫?

 

20191年3月リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

マイナススワップといえば豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD)のリピート注文ですが豪ドル安、ニュージーランドドル高から一時は2年半ぶりくらいに1.0300を割り込む展開でどうなるの?とも思いましたがニュージーランドドルの金利下げ見通しが発表されたことでニュージーランドドルが売られプラスで手動決済して、一度リピート注文設定を外しています。

 

マイナススワップが付かなかったらそのまま放置で様子見していましたがやはりマイナススワップは放置しておくのは気分が悪いですね。

 

俺の設定は結構余裕をもってかなり下でSで入る設定にしてあったのですがそれでもこの調子ですから本家のインヴァスト証券の「トライオートFX」の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」(「コアレンジャーAUDNZD」)の設定だとドキドキ物の含み損がまだ相当に出てるんじゃないかと思いますわ・・・。

 

豪ドル/ニュージーランドドル(AUD/NZD)のリピート注文に関してはいずれまた再度下を確認しにいくと思いますのでその状況を見てから設定を入れるかどうか検討したいと考えています。

 

 

 

4月のリピート注文の設定ですが月末から魔の10連休がスタートしますので、恒例のクロス円暴落があるという心構えの元深追いしない設定に変えていきたいと思いますのでたぶん成績は悪いでしょうと先に言い訳しておくことにします(笑)

 

積立FXの口座も公開開始

 

20191年3月リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

ブログには今まで書きませんでしたが実質的に1年前ほどからSBI証券の「積立FX」の口座でも外国為替の運用をスタートしています。

 

まぁ「少しだけレバを効かせた外貨貯金」という取り組み方ですのでクロス円が暴落した時にコツコツ買い足して行こうかなとうノリでやっています。

 

 

このSBI証券の「積立FX」1通貨から売買ができるので過度な期待はしていなかったのですが記事を書く際、細かく見てみると意外な実力があることもわかりました。

 

詳しくはそちらの記事もお楽しみくだされ。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加