FXリピート注文実践記【年利100%への道】

2019年の年間利回りは18.217%

2019年12月は決済損益2302円のプラスという結果でした。

 

月利では2302÷273748=0.841%という成績です。

 

2019年12月FXリピート注文運用実績

 

 

 

2019年も終わり年間成績ですが年の途中で資金を50000円追加しましたので
年間利回り 42538÷期首残高(183512+50000)=42538÷233512=18.217%という結果でした。

 

2019年12月FXリピート注文運用実績

 

このホームページの理想目標の年利100%には遥かに届きませんがフラッシュクラッシュから始まったこの一年、ビビりながらの(笑)安定運用という結果でしたからまぁ良しとしますわ。

 

 

さてやっとまともに一年通して運用してきたわけですから2020年はもう少し攻めてみようかなとも思いますが年明けからドル円のレンジ上抜けから始まり高金利通貨やクロス円全般も上げ基調で今の価格帯からロング設定してしまうと担がれる可能性が高いのでしばらく下がって来るまでリピート注文の発動には至らなそうな状況ですね。

 

「こういうロングしないと乗り遅れて儲け損なっちゃう!!」とみんなが思い始めている時にスキャルピングやデイトレはまだしも中長期スパンのポジションを持つと、ろくな事にはならないので特にこのリピート注文専用口座では下のチャートのような感じでトレンドライン中段から下で気長に待とうと思います。

 

2019年12月FXリピート注文運用実績

 

 

 

リピート注文設定する通貨ペアーとしてはメキシコペソ円、カナダドル円、南アランド円辺りをメーンに回して行く予定です。

 

後は余裕があれば2月の政策金利動向を見てから去年まで売り込まれていたオーストラリアドル円、ニュージーランド円をどうするかという感じでしょうか。

 

 

 

メキシコペソ円、カナダドル円に関しては新貿易協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」がほぼ実施されるのが決定的になってからクロス円の中でも上昇の勢いが強くなっており息の長いテーマとなりそうですので今後も期待したいところですね。

 

 

 

ではまた今年も死なない程度に頑張っていきますしょう!!

 

 

 

 

【過去のリピート注文運用実績】

 

〈2019年〉
2019年 年間利回り18.217%

 

2019年12月 月利0.841%
2019年11月 月利0.740%
2019年10月 月利0%
2019年9月 月利3.077%
2019年8月 月利0.563%
2019年7月 月利0%
2019年6月 月利0%
2019年5月 月利0.206%
2019年4月 月利2.49%
2019年3月 月利2.93%
2019年2月 月利0.445%
2019年1月 月利3.155%

 

〈2018年〉
2018年12月 月利1.05%
2018年11月 月利0%
2018年10月 月利8.08%
2018年9月 月利11.00%
2018年8月 月利-10.99%
2018年7月 月利16.54%
2018年6月 月利8.16%

 

2018年6月〜2019年5月まで
リピート注文運用開始から一年間の年間利回り
51.734%
※途中運用金額を増額したため単純合計利回り

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 


関連ページ

2019年11月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年10月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年9月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年8月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年7月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年6月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年5月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年4月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年3月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年2月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年1月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。