FXリピート注文実践記【年利100%への道】

皆さんコロナ禍のこの頃いかがお過ごしでしょうか?

 

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

ちなみに「コロナカ」と読みます。

 

 

 

まぁどうでもよいお話はさておき2020年3月4月は以下の通りリピート注文に関しては確定損益無しではありますがメキシコペソ円、南アランド円、カナダドル円の3通貨ペアに関してしっかりと含み損状態のジョージでございます。

 

2020年3月、4月FXリピート注文運用実績

 

 

 

昨年正月のフラッシュクラッシュ経験からこの程度の下落ではロスカットされない設定にしておりましたのでその辺は問題ないところではありますが現在持っているリピート注文のポジションに関しては長丁場の戦いになりそうです。

 

 

裁量でのスイングやデイトレ、スキャルピングは下落相場でもそれに合わせて立ち回ればよいので「逆に儲かってるよ」という方もいるんじゃないかな?

 

しかし中長期でどちらに動くか方向性が分かりにくい相場でもありますので今は「スキャルピング最強の時代」かもしれませんね・・・。

 

 

まぁ分かりにくい相場ではありますが一部の国で規制解除の動きが出始めた中、そろそろ裁量で仕掛けたいのがメキシコペソ円です。

 

 

メキシコペソ円に妙味あり?

 

2020年3月、4月FXリピート注文運用実績

 

これはメキシコペソ円の4時間足チャートです。

 

 

ほとんど放置してたのであまりチャートを見てなかったんですがこれ綺麗なチャートですねー!!

 

4時間足がトレンドに反して陽線か陰線確定でエントリーしてればラインを背にしてデイトレで200pips近く抜ける美味しいチャートだったんですね。

 

そして5月8日の段階で4時間足では上値を抑えていたトレンドラインを上抜けした動きになっています。

 

 

 

2020年3月、4月FXリピート注文運用実績

 

これはメキシコペソ円の日足チャートです。

 

日足レベルでも三角持ち合いを上抜けしている形ですから「ロング追加してー」という衝動に駆られるわけですが既に裁量でメキシコペソ円持ってる俺としてはもう少し引き付けたいというところですから三角持ち合いの上下のラインが交差する4.400円以下を一度下に試してから日足レベルで陽線を確認してからロングエントリーが良いのかなとは考えています。

 

 

 

2020年3月、4月FXリピート注文運用実績

 

これはメキシコペソ円の週足チャートです。

 

今売られすぎのメキシコペソ円ですから基本的に損切しなくてもいいロットで入りますが利確ポイントだけはきっちりと決めてエントリーしたい。

 

週足でみると髭でかろうじて窓は開いていない形ですが上に2か所ローソクの実態では埋まっていない窓があります。

 

5.18辺りと5.50辺りでしょうかね。

 

 

 

今回の裁量でのメキシコペソ円は4.40アンダーに突っ込んだ後、日足陽線が確定してロングエントリー。

 

5.18辺りと5.50辺りで二回に分けて分割利確を狙おうかなと密かに計画中・・・。

 

 

 

まぁこんな俺の思う通りに相場は動いてくれませんのであくまで暇な日曜日の俺の妄想ではありますがね。

 

【高スワップ】メキシコペソの今後の見通し分析

 

 

 

南アランド円も似たようなチャートの動きをしていますがやはりやるならメキシコペソ円だと俺は思っています。

 

なぜならメキシコはアメリカとダイレクトに陸続きで繋がっている経済的関連性の高い国だから。

 

世界で最高の死者数を出しているアメリカですから経済の落ち込み方も今回の雇用統計を見てもわかるように尋常じゃないわけですが逆に言えば反転した時のV字の角度も尋常じゃない事になる可能性も大なわけですから。

 

カナダドル円なんかももう下げたくない的なムードをチャートを見て感じますから来週の動きを見て行けるチャンスがあれば行こうかなと考えています。

 

 

 

 

 

【過去のリピート注文運用実績】
〈2020年〉
2020年4月 月利0%
2020年3月 月利0%
2020年2月 月利0%
2020年1月 月利0%

 

〈2019年〉
2019年 年間利回り18.217%

 

2019年12月 月利0.841%
2019年11月 月利0.740%
2019年10月 月利0%
2019年9月 月利3.077%
2019年8月 月利0.563%
2019年7月 月利0%
2019年6月 月利0%
2019年5月 月利0.206%
2019年4月 月利2.49%
2019年3月 月利2.93%
2019年2月 月利0.445%
2019年1月 月利3.155%

 

〈2018年〉
2018年12月 月利1.05%
2018年11月 月利0%
2018年10月 月利8.08%
2018年9月 月利11.00%
2018年8月 月利-10.99%
2018年7月 月利16.54%
2018年6月 月利8.16%

 

2018年6月〜2019年5月まで
リピート注文運用開始から一年間の年間利回り
51.734%
※途中運用金額を増額したため単純合計利回り

続きを読む≫ 2020/05/11 00:50:11

2020年もスタートして早二か月以上が経過しましたが一月二月はエントリーポイントに掛からずノーエントリーということでもちろん利益もなしという結果でした。

 

今までは利益や損失がない時でも結果報告していましたが読んでもつまらないので今回は二か月まとめてのご報告という事です。

 

2020年1月、2月FXリピート注文運用実績

 

 

 

まだこの時期は新型コロナ不安からの猛烈な円高が始まる前でしたからクロス円のロングをメーンにしたリピート注文設定にはかからないのは当たり前という事で致し方ないわけですが3月に入ってからの今回の円高でリピート注文設定してあるメキシコペソ円、南アランド円、カナダドル円は結構な比率で設定してあるリピート注文が掛かってきています。

 

2020年1月、2月FXリピート注文運用実績

2020年1月、2月FXリピート注文運用実績

2020年1月、2月FXリピート注文運用実績

 

メキシコペソ円は残り1本、南アランド円は残り2本、カナダドル円は設定すべてエントリー済みという状況です。

 

 

 

2020年1月、2月FXリピート注文運用実績

 

ちなみに例えばメキシコペソ円ですと上記のチャートのように週足のトレンドラインを上値、下値、中間ライン3本を引いて中間ラインと下値のトレンドラインの間に40pips間隔でロングのエントリー設定をしています。

 

南アランド円、カナダドル円も同じような考え方で設定しています。

 

 

 

 

パニック的円高でドル円は直近112円を上抜けて「悪い円安時代のスタートか?」などと市場がざわぎ出してからの7円以上の円高の展開ですからどこまでドル円が下がるのか戦々恐々としているわけですが設定は機械的に淡々とロングエントリーしています(笑)

 

 

昨年のフラッシュクラッシュで資金管理にはとても気を使っていますから現在はもちろんマイナスですが気にも掛けずに設定された利確までかかるのは何か月かかるかな〜的感じで放置していきます。

 

 

 

【過去のリピート注文運用実績】
〈2020年〉
2020年2月 月利0%
2020年1月 月利0%

 

〈2019年〉
2019年 年間利回り18.217%

 

2019年12月 月利0.841%
2019年11月 月利0.740%
2019年10月 月利0%
2019年9月 月利3.077%
2019年8月 月利0.563%
2019年7月 月利0%
2019年6月 月利0%
2019年5月 月利0.206%
2019年4月 月利2.49%
2019年3月 月利2.93%
2019年2月 月利0.445%
2019年1月 月利3.155%

 

〈2018年〉
2018年12月 月利1.05%
2018年11月 月利0%
2018年10月 月利8.08%
2018年9月 月利11.00%
2018年8月 月利-10.99%
2018年7月 月利16.54%
2018年6月 月利8.16%

 

2018年6月〜2019年5月まで
リピート注文運用開始から一年間の年間利回り
51.734%
※途中運用金額を増額したため単純合計利回り

続きを読む≫ 2020/03/08 15:52:08
 このエントリーをはてなブックマークに追加