農耕民族はユーロはイジらないほうがいいかも

やられましたユーロに・・・。

 

 

リピート注文の設定がし辛いのとかもあって最近ちょこちょこ触ってる裁量取引。

 

ほぼ十日間、日足陽線続きのユーロ円。

 

時間足的にもそろそろ反転かとショートで入ってみました。

 

 

まずは4時間足を御覧ください。

2018年8月29日ユーロ円4時間足
「魔性の女ユーロ」の巻
最後の一本は負けた後の足

 

次は一時間足

2018年8月29日ユーロ円1時間足
「魔性の女ユーロ」の巻
最後の3本は負けた後の足

 

 

ちょっとショートしてみたくなるでしょ?

 

 

わかりやすく負けたのがわかる5分足

2018年8月29日ユーロ円5分足
「魔性の女ユーロ」の巻

 

 

 

ゾンビユーロですね。
「魔性の女ユーロ」の巻

 

私はとにかくユーロと相性が悪いみたいです。

 

他の通貨ペアーではあまり大負けした記憶は無いんですがユーロ絡みは散々です。

 

 

 

じゃーなんでイジルの?

 

イジらなきゃいいじゃん!!という話なのですがユーロには魔性の女的な魅力があるんですよね・・・。

 

「魔性の女ユーロ」の巻

 

ついついスケベ根性で痛い目にあった事を忘れた頃に触ってしまうんです。

 

 

 

過去にも旅行前にポジったユーロ円がどんどん上げて旅行中に〇〇万円損失を出して旅行がなにも楽しくなかったという経験があります。

 

 

ユーロ絡みの特にショートは特に危険ですからよほどの魔性の女好きかゾンビ好きでも無ければ触らないのが懸命です。

 

根こそぎ目の前の獲物を食い尽くしてやっと矛先を変える狩猟民族的通貨ですわぁ。

 

のんびりした農耕民族の日本人気質の僕にはやはり御しきれないかも・・・。

 

でも仇はいつか取りたいと考える自分も居たりして。

 

だって負けたけど久々にスリル満点で何気に楽しんでる自分がいるのもまた事実で・・・。

 

魔性の女の虜になったるじゃん!俺!!(;´Д`)

 

 

 

ちなみに2018年8月29日ユーロ円日足はこんなでした
「魔性の女ユーロ」の巻

 

ネット上である人が
「ユーロはこんなところで下がらん!
131円132円にストップを置いているショーターを狩ってから下がるのがユーロだ!!」
と書いていましたがユーロという通貨はそういう通貨のようです。

 

 

 

まさにその予言どおりの展開かもしれませんがとりあえずまだショート・ポジション持ったままです。

 

 

皆さんはくれぐれも私のような間抜けな真似は為さらぬようご注意くだされ(ToT)

 

(関連記事)

このエントリーをはてなブックマークに追加