FXリピート注文実践記【年利100%への道】

FX,入りづらい時は休む,個人トレーダーの特権,休むも相場,売るべし買うべし休むべし,眠られぬポジションは持つな,疑わしいときは何もするな

 

本日のチャートをみるとドル円が堅調なのとドルストレートで豪ドルなどのオセアニア通貨やポンド、ユーロなどの欧州通貨が反発してきているのに伴って私の好きな豪ドル円などは安値当りから3円近く戻してきている状態です。

 

仮にこれが本格的な反転になる可能性もありますが、まだまだ日足以上のチャートレベルでは反転確定とは言い難い状況でもあります。

 

ジリ上げの中、トレンドに逆らってショートで入るのも無謀ですし、いずれにしても一度反落するムードも漂う中、裁量のロングで入ってガラ食らう可能性もありそうです。

 

オージードル日足チャート
入りづらい時は休むも相場
トレンドは上昇局面ですがまだまだ波乱はありそうです・・・。

 

 

 

プロの機関投資家達は結局サラリーマンですから常にポジションを持って稼ぐ事を義務付けられているそうで、現実として今月の利益のノルマを達成していても中々上司の手前遊んでるというわけにも行かないという話を聞いたこともあります。

 

そういう時は得てして積み上げてた利益をふっとばす事も多いのだとか・・・。

 

 

 

しかし我々個人のFXトレーダーの強みとしてよくわからない時、自信のない時は相場を休むという事ができます。

 

「休むも相場」とか「売るべし 買うべし 休むべし」とかは元々は株式投資に対しての格言ですがその中でも特に有名ですし、もちろんFXの投資に対しても通用する相場の真理を突いた名言だから現代でも受け継がれているのでしょうしね。

 

FX,入りづらい時は休む,個人トレーダーの特権,休むも相場,売るべし買うべし休むべし,眠られぬポジションは持つな,疑わしいときは何もするな

 

 

 

こんな時は日足のボリンジャーバンドのセンタライン辺りに指値のロングでも置いて掛かればラッキーくらいなつもりでチャートから離れて有意義な他のことに時間を使った方がいいかもしれませんね。

 

「眠られぬポジションは持つな」、「疑わしいときは何もするな」ですな。

 

もちろん相場観のある方はクロス円ショートなんか美味しいかもです。

 

(関連記事)

続きを読む≫ 2018/09/21 14:06:21

本日9月19日(水)20:30からマーフィーこと柾木利彦氏のリアルトレード・コーチングセミナーがマネーパートナーズで開催されます。

 

柾木利彦氏略歴

マーフィーのリアルトレード・コーチングセミナーが楽しみです
マーフィーのリアルトレード・コーチングセミナーが楽しみです

 

 

 

数年間、FXはたまにイジる程度で真剣に取り組んではいない時期があった私ですが、ある意味またきちんとFXに取り組んでみようかなと考える切っ掛けを与えてくれてのがこのマネパの柾木利彦先生の「スパンモデル」と「スーパーボリンジャー」を組み合わせたテクニカルを使ったFX投資手法のセミナーを見たからでもあります。

 

「スパンモデル」と「スーパーボリンジャー」はマネーパートナーズのチャートでは併用して使うことが可能。

 

「スパンモデル」
マーフィーのリアルトレード・コーチングセミナーが楽しみです

 

「スーパーボリンジャー」
マーフィーのリアルトレード・コーチングセミナーが楽しみです

 

我々一個人の投資家?投機家?が要人発言や経済指標に対するスピード感が必要とされるファンダメンタル重視のトレードでは大手のディーラーに敵うはずもありません。

 

 

 

しかし、チャートはすべての人に平等に与えられた情報です。

 

そのチャートから如何にして未来の動きを予知するかに的を絞った柾木利彦先生のセミナーから個人が大口さんに負けないためにはどのようなスタンスでFXに対しての取り組めばよいのかを教えてもらったと思っています。

 

柾木利彦氏いわく「経済指標や要人発言はチャートを動かすための単なる触媒にすぎない。チャートを見ればどちらに動きたいかはすでに決まっている。」

 

ニューヨークで現役のチーフトレーダーだった頃は「ファンダメンタルの事は柾木に聞け」と周りのディーラーに言われるほどファンダメンタルズを極めた人が言うセリフは説得力があります。

 

 

 

残念ながらマネーパートナーズの会員だけの限定セミナーではありますが過去のセミナー映像も会員になると入金しなくても見ることが可能ですから興味のある方はこのトレード手法を血と肉にするするため一度といわず何度でも見返して見る事をお勧めします。

 

とりあえず基礎編だけで4回シリーズですからボリュームも充分。

 

タダで見れるのは申し訳ないと思えるようなそれだけの価値のあるセミナーの内容ですよ(断言)

 

 

今回はリアルタイムで動くチャートを見ながらのセミナーですから相場が動いてくれるといいな〜〜。

 

しかし、リアルタイムで動くチャートを見ながらの解説って生半可な自信じゃできませんよね・・・尊敬します。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2018/09/19 16:00:19

トルコが政策金利を6.25%引き上げて24%へ!!

 

9月13日トルコが市場予想を大きく上回る利上げで政策金利を24.00%へと大幅利上げに踏み切りました。

 

市場ではせいぜい4%くらいと見込まれていましたのでサプライズの利上げとなりトルコリラは急騰しました。

 

トルコリラ,金利引き上げ,スワップ,FX,リピート注文,実践,体験,年利100%

 

もう少しトルコ中央銀行もこの決断を前倒しで出来ていれば昨今のトルコリラ大暴落も起きなかったのかもしれませんけど。

 

ちなみにトルコ中央銀行の金利見直しは2ヶ月毎ですから次回の金融政策決定会合は10月25日の予定です。

 

 

 

しかし金利24.00%という事は単純に計算すればレバレッジ25倍とすると証拠金に対して年利600%って計算になるわけです。

 

ほとんど、もうよくわからない世界です私には・・・。

 

 

 

しかし利上げ前の暴落でスワップポイント目的でトルコリラ円をロングしていた人たちは相当に減っているはずですからチャレンジしてみたい猛者もいるのではないかと思います。

 

「もうはまだ、まだはもう」という相場の格言のありますから私も密かにトルコリラ円のロングを考えてみたりもしますがビビリですから、はてさてどうしましょう(笑)

 

トルコリラ,金利引き上げ,スワップ,FX,リピート注文,実践,体験,年利100%

 

 

 

いずれにしてもトルコリラ円のロングで美味しいスワップ生活を目指すにしても余剰資金の範囲内で0に成っても後悔しない程度の資金で始めるのが鉄則ですね。

 

私がこのブログ用に使っているマネーパートナーズはトルコリラ円も100通貨から取引が可能ですからもしトルコリラ円をお試しロングしてみたい方には良いかもしれませんね。

 

マネーパートナーズだと現在のトルコリラ/円のレート18.16円ですと100通貨当りの必要証拠金がたったの約100円ですからお気楽に冒険者気分が楽しめるかもです。

 

楽勝で年利100%が達成できる!?

 

ちなみに今日現在でのマネーパートナーズのトルコリラ円スワップポイントは一日61円(一万通貨当り)ですから100通貨ですと一日当り0.61円のスワップポイントが付く計算です。

 

トルコリラ,金利引き上げ,スワップ,FX,リピート注文,実践,体験,年利100%

(マネパ トルコリラ円 スワップカレンダー)

 

1年ですと365日分ですから100円の証拠金でスワップポイントが約223円付くという事です。

 

証拠金に対しては年利200%超。
年利100%は楽勝で達成するという事か・・・。

 

もちろん日々スワップポイントが貯まるわけだから一年後には下落していなければ増えたスワップで3倍に買い増しもできるわけで・・・。

 

 

やべぇーやべぇ〜〜〜。

 

 

なんかこの記事を書いてたらトルコリラ円を無性にロングしたくなって来てしまった。

 

少なくとも宝くじ買うよりは楽しめそうなのは間違いないな。

 

しかし、仮に100円で100通貨買っても1円下がれば100円損をするリスクも伴いますから皆さんくれぐれもご利用は自己責任という事で。

 

 

トルコリラ円のスワップが一番高いFX会社は?

 

100通貨なんてチマチマしたことはやってられないという貴方は「みんなのFX」がお勧めです。

 

1000通貨単位の取引ですが「みんなのFX」が業界で一番高いトルコリラ円のスワップポイントを提供しています。

 

 

トルコリラ円のスワップポイントは一日100円(一万通貨当り、2018年9月現在)ですので仮にトルコリラ円を一万通貨ロングした場合は一年のスワップポイントは36500円ですね。

 

トルコリラの金利引き上げでスワップはどうなる?
「みんなのFX」スワップポイント表抜粋(2018年9月)

 

 

 

「みんなのFX」にはいくらの証拠金が必要か簡単に試算できるページもありますから興味のある方は自分に合った取引量を試算してみては?

 

 

ちなみにトルコリラ円を一万通貨ロングする場合に必要な証拠金は7269円です。

 

7269円の証拠金で年間のスワップポイントが36500円という事です!

 

 

 

 

「みんなのFX」はトルコリラ円だけでなく他の通貨ペアーもFX業界で高水準のスワップポイントを提供していますし、スプレッドの狭さも強みなのでスワップ狙いの口座を一つは持ちたいなら「みんなのFX」を選ぶのは王道ですね。

 

 

トルコリラ訴求

 

ドル円100万円キャッシュバック

 

続きを読む≫ 2018/09/15 02:59:15

まぁこのポンド暴騰の可能性は気づいている人は気づいているお話ですが。

 

ポンドに大相場の予感!?

 

もうかれこれ10日近く前のマーケットニュースの内容

相場見通し ポンド/円
09/03
20:13 IMMポンド・ショート、昨年5月以来の高水準=買い戻し焦点
--------------------------------------------------------------------------------
米商品先物取引委員会(CFTC)によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)国際通貨市場(IMM)では、ポンドの投機的な先物ポジション(非商業部門)が、8月28日時点で差引き-7万6928枚のネット・ショートになった。

 

前週の-7万2338枚のショートから、6週連続で売り持ちが増加した(ポンド売り)。
6月19日週以降、昨年11月14日週以来というショート回帰が続いている。
ショートの規模は年初来の最高を更新し、昨年5月2日週の-8万1364枚以来の高水準になっている。

 

今後はポジション調整的なショート縮小を経ながらも、戻り売りによる一段のショート積み増しが優勢になるか。
あるいは昨年以来の大幅なショート積み上がりを受けて、ショート整理の買い戻しが優勢になるか。
その両シナリオを見極める展開となっている。

 

まあこの段階ではIMM市場でポンドのショートの規模は年初来の最高を更新し、昨年5月2日週以来の高水準になったというニュースでしかありません。

 

ですから、「ポンドのショートがそろそろ増えすぎたので減るかもしれないし、もしかしたらもっとショートポジションが伸びるかもしれない」という現状を伝えているだけのニュースでした。

 

 

 

その後9月8日発表のポンドのショートの増減状況を見てみますとポンドのショートが少し減り始めてきている事がわかります。

 

ポンドに大相場の予感!?

 

だいたい年初来や過去最高高値・安値を更新とか〇〇年〇〇月以来の高水準なんてのがニュースになり始めるとそろそろ巻き返しが来る前兆ですから・・・。

 

 

 

一番わかり易いのがNHKのニュースで円最高値、最安値が取り上げられた時ですね。

 

そんな時は面白いように翌日から反転したりします。

 

ヘッジファンドの人たちがニュースを見て着いてきたニワカを狩るチャンスと捉えて居るのかもしれませんね。(汗)

 

 

 

では実際にポンド/ドルのチャートがどのように動いているか見てみましょう。

【ポンド/ドル日足チャート】
ポンドに大相場の予感!?

 

今年の4月頃の1.4300ポンド/ドル近辺からほぼ一辺倒に戻りを叩かれる下落チャートでしたが、日足では正確な日にち判断できませんが9月5日頃から反転上昇に切り替わったようにも見えます。

 

IMM市場のポジションの発表は火曜時点の数字がその週の土曜日に公表されますので仮にある大口ヘッジファンドが意図的に9月5日の水曜から大きくポンド/ドルのショートポジションを解消し始めた場合、我々個人がそれを察知できるデータを手に入れるのは9月15日の土曜日という事になります。

 

10日間のタイムラグがあるわけです。
(IMM市場のポジションデータはあくまで一市場の数字ですからそれがすべてではありません)

 

 

 

では仮に我々個人がポンドドルの高騰をある程度把握できていたとしても、それでも我々個人をシャブリつくそうとするのがヘッジファンドです。

 

【ポンド4h足】
ポンドに大相場の予感!?
@のように急激な上昇をしたかと思えばAのようにその上昇に着いてきたロンガーのストップを狩る位置まで下げたりBのような急高騰、急下落でふるい落とそうとしてきます。

 

 

 

ある意味、ヘッジファンドにとってはショートで散々稼いだあとでの撤退戦なわけですが撤退しながらもそこでまた一稼ぎする事をもくろんでいるわけです。

 

いわゆる「のこぎり商法」ってやつですね。

 

往復で稼ぐのは商売の王道、理想形ですから・・・。

 

ポンドに大相場の予感!?

 

こういう事は動きが激しいだけにチャートに張り付いてトレードしたくなるわけですが張り付いていたわりに利益がさっぱり上がらないという経験をしたことがあるのは私だけではないのではないでしょうか?

 

こんな時は掛かったらラッキーくらいの安い所で指値ロングしといて「果報は寝て待て作戦」が一番ストレスのないトレードかもしれませんね。(笑)

 

(関連記事)

続きを読む≫ 2018/09/13 15:49:13

9月5日、5.700に仕掛けて置いたメキシコペソ円ロングが掛かっていました。

 

当初、リピート注文を設定する予定だったのは豪円、ニュージ円、ドル円辺りでしたから最初からメキシコペソ円でのリピート注文設定は考えていませんでした。

 

ただ現時点で対ドルで豪ドルやニュージランドドルの下値がまだ見極めづらい状況が続いているためにリピート注文に向いていそうな通貨ペアーが中々見当たらないわけで注目してみたのがメキシコペソ円です。

 

リピート系注文に関して書いているサイトなどを見るとリピート注文はメジャーな通貨でやったほうが良いと書いているものも多いですし、昨今のトルコリラの暴落やそれに釣られての南アランドの下落傾向を見ても確かにそう考えるのが普通かな思う部分もありますからね。

 

もはや「底なし沼」といった状況のトルコリラ円
メキシコペソ円リピート注文スタート

トルコリラ暴落にお付き合いする南アランド円
メキシコペソ円リピート注文スタート

 

確かに高金利通貨は高金利である理由があるわけでそれに付随するリスクもあるという事です。

 

 

 

ではトルコリラ、南アランドと共に高金利3兄弟の一員であるメキシコペソは大丈夫なんでしょうか?

 

トルコや南アフリカは政治的イデオロギーの面で欧米と対立する場面も多いですがメキシコはなんだかんだ言ってもアメリカのお隣さんですし、少なくともメキシコ側から白人勢に喧嘩を売る可能性は低いと思っています。

 

メキシコペソ円リピート注文スタート

メキシコ新大統領
アンドレスマヌエル・ロペスオブラドール氏(64)

 

顔だけ見れば落ち着いてそうだし大丈夫のような(笑)
トランプ大統領もこの人を気に入ってるとか。

 

 

 

では肝心のメキシコペソ円の状況はどんななのか?

 

まずメキシコペソ円の月足はこんな感じです。

メキシコペソ円リピート注文スタート
10年ほど前は10円くらいだった時期もあるわけですが2008年のリーマンショック後は5円から8円くらいのレンジで動いています。

 

トルコリラや南アランドに比べても中々の粘り腰を見せています(笑)

 

メキシコペソ円の日足はこんな感じ。

メキシコペソ円リピート注文スタート
今現在はレンジ下限近くの5円〜6円台をウロチョロしている感じですね。

 

私がリピート注文にメキシコペソ/円を取り入れた理由は4つ

 

とりあえず5円という下限を割り込む動きがない
高いスワップポイント
政治的リスクがトルコや南アほど高くない
マネパではスプレッドが1.0(1銭)と狭く、回転させるのに有利

 

この4点からメキシコペソ円ロングをリピート注文に組み入れる事にしたわけです。

 

 

 

今のところは様子見ながらですから2000通貨単位でストップ無し、6円で利確というリピート注文設定。

 

6円まで届かない事も多いと思われるので20pips狙いくらいのリピート注文の本数も徐々に増やして回転数を上げていくつもりです。

 

仮にしばらく下にいってもスワップ運用しているつもりで気長に行きますわ。

 

 

続きを読む≫ 2018/09/08 12:59:08
 このエントリーをはてなブックマークに追加