FXリピート注文実践記【年利100%への道】

窓が空いてたもんでつい・・・(笑)

G20も終わり注目されていた米中の関税を巡る貿易戦争がとりあえず90日間棚上げとなりドル円を含むクロス円は月曜窓開けでスタートした通貨ペアが多かったですね。

 

米中の関税問題で一番注目が集まる豪ドルは90pips近い上窓を開け、ユーロ円も30pips程度の上窓を作っています。

 

魔性の女ユーロに手を出してみた

 

 

 

豪ドルはこのブログで再三取り上げている様に只今ヘッジファンドのショート・ポジション絶賛解消中ということで行くところまで一度上げきらないと下がらない様相を呈していますのでショートでは入りづらい局面でもあります。

 

その点ユーロ円は豪ドル円に吊られての上窓だと判断してショート入れてみました。

 

 

 

過去の記事でも書きましたが「閉めない窓は無い」とも言えるわけですが問題はいつ閉めるのか、それまでにどれくらい逆行する可能性があるのかという点です。

 

 

128.20円にはストップの売りが溜まっているとも言われますが今回は欲張らずに窓埋めポイントで利確、深追いはしないで置きます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 


関連ページ

FXと性別・年齢・職業・世帯年収と利益の関係【A】
2018年12月のFXリピート注文取引と裁定取引の結果と相場状況について
FXでは全体の6割もが儲けて居るらしい【@】
2018年12月のFXリピート注文取引と裁定取引の結果と相場状況について
豪ドル/米ドル「特大オプション」でどう動く?
2018年12月のFXリピート注文取引と裁定取引の結果と相場状況について