FXリピート注文実践記【年利100%への道】

米ドルが売られるとどの通貨が買われるのか?,メキシコ・ペソ,南ア・ランド

 

昨日の1月31日4時(日本時間)に発表されたFOMC声明やパウエルFRB議長の発言を受けて、米金利先高感の後退を手掛かりにしたドル売り。

 

ある程度想像されていた内容なのでしょうが騙しなく素直にドル売り一色でしたね。

 

1円近くドル円が下がったのは久しぶりではないでしょうか?

 

とにかく先走りが好きな相場の世界ですから金利を下げると言ってるわけでもないのに金利先高感が弱まるだけでこれだけ相場が動くわけです。

 

 

 

多くのアナリストがいうように今後は米ドルが売られ米ドル安が進むとすればではどの通貨が買われることになるのでしょうか?

 

昨日の動きだけ見れば円買いという流れでは無かったようにも見られます。

 

ドルストレートは軒並み上昇は当然としてクロス円でいえば豪ドル円、南ア・ランド円などは買われたようですがユーロ円、ポンド円やメキシコ・ペソ円などは冴えない動きだったですね。

 

 

 

ここで一つ今後の参考になりそうな記事を見つけましたので紹介します。

 

大和証券 金融市場調査部 債券調査課 チーフマーケットエコノミスト 岩下真理氏

 

リスクの重みの場所、新興国から米欧に変化 黒田総裁会見で興味深い発言あり 世界経済のリスクの重みの場所に変化、新興国から米欧に移る

 

米ドルが売られるとどの通貨が買われるのか?,メキシコ・ペソ,南ア・ランド

 

23日の黒田総裁定例会見では、展望レポートの内容とは少し離れて、興味深い質疑応答が2つあった。

 

1つは世界経済について、今年は年間を通じた大きなテーマはどう考えるかを尋ねられた(昨年は米国一強)。

 

総裁は「リスクの重みの場所が少し変わってきている」と回答。

 

先進国の金融正常化が新興国の資本流出等に影響をもたらすリスクは低下し、米国マクロや通商政策、欧州での様々な政治的な動き、経済減速の影響に軸足が移ったとの認識を示した。

 

米中貿易摩擦、年内に解消との楽観的な見方

 

もう1つは米中貿易摩擦について。経済財政諮問会議で年内に解消すると楽観的にみていると発言した、その根拠を問われた。

 

総裁は個人的な意見と断りつつ、「貿易・経済問題は、解決に向かっている情報が色々なところから出てきており、収束に向かうのではないかと期待も込めて思っています」と語った。

 

黒田総裁発言から、国際会議での議論が垣間見られた

 

黒田総裁は年明け後、13-16日にBIS会議出席のためスイス出張しており、国際会議での議論や情報収集を踏まえての発言と推察される。

 

中央銀行ウォッチャーは自ら国際会議に参加する機会はないため、このような貴重な情報は本当に有難い。

 

 

この記事で注目したいのは「先進国の金融正常化が新興国の資本流出等に影響をもたらすリスクは低下」という部分です。

 

こんなことは常識といわれるかもしれませんがドルの金利が下がるという事は投資先としてのアメリカの魅力は弱まるという意味ですからアメリカに集まっていた世界の投資資金が他に移るという事でもあります。

 

一般的には米ドルの金利が高いときは他の高金利通貨から資金が米ドルに移り、逆に米ドルの高金利が終わると高金利通貨に資金が集まる傾向にあります。

 

 

日本円やユーロなどはまだまだ金利を上げる状況は遠い話ですし、豪ドルやニュージーランドドルも当面金利を上げる予定もない状況。

 

まぁこれらの通貨はそもそも高金利通貨じゃありませんので一時的に対ドルで上昇したとしても投資先としては魅力がある通貨とはいえません。

 

 

 

黒田総裁の米中貿易摩擦、年内に解消との楽観的な見方が国際会議での議論や情報収集を踏まえての信頼できる見解であるとすればコモディティなどの商品への資金移動もあるでしょうがFXではやっとしばらく日の目を見てこなかったメキシコ・ペソ、南ア・ランドあたりが注目されてくると私は睨んでいます!

 

 

しかしくれぐれもフラッシュ・クラッシュのような事態でもロスカットされない資金計画を心がけてですが。

続きを読む≫ 2019/01/31 17:57:31

1月3日早朝のフラッシュ・クラッシュ以降、FXの評論家の面々は「今年は円高傾向でボラティリティが高いぞ」と言う相場予想が多いわけですが現実は現在のところボラは低く、円はジリ高の傾向です。

 

今までであれば木曜はスワップ狙いのクロス円ロングを狩る欧米勢のショート攻めが恒例でしたがその動きもそれほど顕著にはみえないようです。

 

これはやはりフラッシュ・クラッシュの記憶がまだまだ強烈に個人投資家に残ってていてクロス円ショートを狙っている個人投資家が増えているのが要因のひとつなのではないかと感じています。

 

ショートの敵はショートの巻

 

主に今回のフラッシュ・クラッシュと同様に急激な個人投資家のロングポジションを狙った円高は日本の連休が狙われているわけでネットの記事でも今年は3連休以上があと何回あるとかをネタにする記事が多いですから、さすがのカモられてる日本人でもショートしたくなる気分になる相場観です。

 

 

ショートをしている個人はいずれ反対売買でロング(買い直し)をするわけですから一辺倒な円買いでナイアガラを企むヘッジファンド勢にとっては目障りな邪魔者なわけです。

 

 

 

スワップがプラスに付く日本人が好きな通貨ペアであるドル円でショート比率は34%、豪ドル円でショート比率は31%と私のイメージでは今までより10ポイント以上はショート比率が高まっているのではないかと感じます。

 

ショートの敵はショートの巻

(1月28日みんなのFXデータより

 

当分はこの比率が続く間はレンジ相場が続き、ショートが撤退してロングの比率が上がるくらいに一度上げてからまた落とす展開になるのかどうか。

 

今後は日本の個人投資家の売買比率にも注目していこうかと考えています。

 

 

今までよりショート・ポジションを持つ個人投資家の比率が豪ドルドルや豪ドル円で増えている?

 

ショートの敵はショートの巻

 

ショートの敵はショートの巻

 

 

 

 

続きを読む≫ 2019/01/28 17:27:28

先日みんなのFXでのニュース欄に面白い記事を見つけたのでご紹介したいと思います。

 

「残り約900メートルでの判断」

 

登山家の三浦雄一郎の登頂断念にFXでの学びを見る

 

プロスキーヤー・登山家の三浦雄一郎さん(86歳)は、標高6961メートルと南米大陸最高峰であるアコンカグアの登頂とスキー滑降を目指していた。

 

しかし現地時間の20日、同行していた医師のストップがかかり登頂を断念した。

 

 

 

報道によると、標高約6000メートルのキャンプ地で、三浦さんの持病である不整脈が出始めたのが登頂を止められた理由らしい。

 

不整脈自体は管理できるが、この地点で出たということは心臓への負担がより強くなることが予想され、標高がさらに高くなっていけば心肺停止の恐れもあると医師が判断した。

 

 

決して簡単な距離ではないだろうが、残り約900メートルで諦めねばならず、十分な時間をかけて準備してきた三浦さんにとっては辛い決断だったであろう。

 

ただし、「生きて帰るという」一番大事なことは遵守できた。

 

「ストップロスが命を守る」

 

登頂断念をFXのトレーディングに置き換えると、三浦さんは「医師の判断を尊重する」という自身のストップロスをしっかり守ったということだろう。

 

 

 

売り又は買いでポジションを作った後に、ストップロスオーダーを置く事はできる。

 

しかし、相場がその水準まで近づいてくると、損を出すのが嫌でついオーダーをずらしてしまったことはないだろうか。

 

もう少しで流れが変わると願い、ストップ水準を変更し続け、結局は損が拡大。

 

「逃げるときには迷うな」という相場格言を守り、損切りは素直に執行することが相場で長生きするために必要なことの1つだろう。

 

 

 

現在86歳の三浦雄一郎さんは、「まだ鍛え直せば、不可能に近い夢である90歳でエベレストに登れるのでは、という感覚になった」と下山後の取材に答えていた。

 

数年前に3776メートルの富士登山で疲労困憊となった私には、驚くばかりの気力と体力だ。

 

三浦さんの行動や発言で、自分も何か頑張らねばと背中を押された気分になった。

 

ただし、「頑張ったから相場で儲かる」とは思い込まないようにしておきたい。

 

(出典)「みんなのFX」ニュース

 

まさにこの三浦さんの記事の通りまずは生還して生き続けることが次の挑戦のための条件だということ。

 

FXにおいて損を出すのが嫌でストップロスの位置をずらした経験のある方は私だけではないと思いますが私も過去にこのような事をして傷を広げた経験が何度もあります。

 

 

FXを普通のビジネスとして考えた時に「損切りは経費である」と割り切って利益を出すために必要な費用だと割り切れた時、その経費の発生を前提の上でトータルで利益を出せる自分のトレードルールを確立する事が大事ですしメンタル的にもストレスを少なくして持続できるFX生活になると考えます。

 

続きを読む≫ 2019/01/28 13:31:28

新年明けましておめでとうございます

 

米政府系機関閉鎖の影響がこんなところに!?

 

つかぁ遅すぎですかね?(笑)

 

一応2018年12月のリピート注文運用実績の記事は今年に入って書いてはいますが実質2019年に入ってからの記事は今回が初となります。

 

 

 

しかしFXトレーダーの方にとっては3日早朝のクロス円大暴落で新春早々冷水をぶっかけられた方も多いかと思います。

 

私自身もリピート注文系はまだしも、裁量はまだまだトレード手法を含めて反省と勉強で正月を過ごしていた状況でした。

 

 

 

勉強のなかでは結構な気付きもありましたから書きたいことも沢山ありますがとりあえずは一番フレッシュな内容ということで今日、IMM通貨先物ポジションの動向を確認しようと思いサイトを開いたところビックリしてしまいました。

 

米政府系機関閉鎖の影響がこんなところに!?

 

IMMって政府系機関なんだろうなとは思っていましたがトランプさんのおかげでFXトレード運用の参考資料が見れない事態になってるんですわ!

 

 

IMMって何?
IMM通貨先物ポジションって何?という方は下記の関連記事を読んでみて下され。

 

 

 

1月3日のフラッシュ・クラッシュで投機筋のポジション動向がどう変化したかを確認するには中期的な動向を考える上で私にとっては重要なデータなわけだったのですがあのトランプだか花札だかいう爺さんに邪魔されてるわけで・・・。

 

確かに実際にアメリカで生活したり往来している日本人じゃないと米政府系機関の閉鎖の影響って身を持って感じる事もないわけですから自分が影響を受ける事でその意味を実感できましたね。

 

 

 

予算が通らないためにアメリカが政府系機関の閉鎖をするのはもちろん始めてではなくある意味年中行事的なムードもあるわけですがオバマの時とは違う感を世界に感じさせるがトランプ大統領です。

 

米政府系機関閉鎖の影響がこんなところに!?

 

相手方に「狂気」を感じさせるのはネゴシエーター(交渉人)としては優秀なのかもしれませんが果たしてその「狂気」が演出なのか本物なのか未だに世界が振り回されているわけで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2019/01/13 17:34:13
 このエントリーをはてなブックマークに追加