クソポジチェッカーの悪魔的利用方法とは?

通称糞ポジチェッカーとは正式にはオーダーブックといい、各FX会社が自社の顧客の取引や注文しているポジションについて公開しているデータを言います。

 

オーダーブックは、何社かのFX会社が提供していますが、海外の大手FX会社であるOANDAが提供してくれているオーダーブックが一番細かく顧客の取引状況を知ることができ、視覚的にもわかり易いためクソポジチェッカーといったらOANDAを見ればよいという認識で良いかと思います。

 

 

今回はタイムリーな事例として昨日2018年9月21日に暴落したポンド円の今後を予測するためにこのクソポジチェッカーを見てみましょう。

 

まずは暴落したポンド円の4時間足チャート

クソポジチェッカーとは?その見方と使い方

ユーロ離脱絡みのメイ首相の発言を契機に3円弱一気に暴落しました。

 

 

 

では9月22日ニュヨーククローズ後のクソポジチェッカーのポンド円グラフ

 

@未決済のポジション
クソポジチェッカーとは?その見方と使い方

A未決済の注文
クソポジチェッカーとは?その見方と使い方

 

OANDAのオーダーブックは上のグラフのように@未決済のポジションA未決済の注文の両方を見ることができますし、両方を見比べる事で見えてくるものが多いです。(一画面で@とAを同時に開くことはできません)

 

 

 

まずは@未決済のポジションの見方(右グラフ)

クソポジチェッカー,見方,使い方,OANDAのオーダーブック,悪魔のツール,ストップ狩り

 

金曜ニュヨーククローズの終値である147.29ポンド円が緑色の横線で表記されています。

 

グラフの青い棒グラフのポジションは現在含み損を抱えているポジションでオレンジ色の棒グラフは含み益が出ているポジション。

 

棒グラフが伸びているほどポジション量が多いという事です。

 

今回の暴落で149円台後半と149円ちょうどくらいに取り残された含み損を抱えるロングポジション(赤い丸の中)が見て取れます。

 

もはや1.5円〜2.0円ほど急落してしまっているため損切りすべきか?はたまた戻って来るまで耐えようか?今後どうしたら良いか寝れない夜を過ごした人もいるかもしれませんね。

 

 

では次はA未決済の注文の見方(右グラフ)

クソポジチェッカー,見方,使い方,OANDAのオーダーブック,悪魔のツール,ストップ狩り

 

ここで注目すべきは146.20円辺りにある未決済の売りオーダーです(赤い丸の中)

 

未決済の売りオーダーという事はオーダーは出してあるがまだ取引が成立していないという事です。

 

普通に考えれば新規の売りオーダーを出すのに現在の価格よりも下で売りたいって・・・変ですよね・・・。

 

つまりこの売りオーダーは新規の売りではなく買いのストップ売りの注文だという事です。

 

ヘッジファンドなどはこのストップを狙って売りを仕掛てくる可能性があると想定できるという事になります。

 

その後、ストップを狩ってから反転するか146円に控える買いオーダーの新規ストップを狩るところまでやるかはわかりませんが・・・。

 

つまり今回例に出したクソポジチェッカーから読み解く事ができるのはポンド円のトレンドは上だと判断して押し目買いを入れるにしても146.20円辺りのストップ狩りが終わった後の方が安全性は高いと判断できるという事です。

 

もちろん絶対そうなるという保証はありませんし、そこまで下がらずに上がっていく事もありえるでしょう。

 

 

 

このOANDAのオーダーブックはあくまでもOANDAの顧客のみのポジション動向ですから相場全体の動向がこれと狂いなく合致しているわけではありません。

 

但し、このクソポジチェッカーは広くFXをトレードしているヘッジファンドや機関投資家にも知られているデータですからストップ狩りの狙いを定めるには好都合なデータなのは間違いないと思います。

 

このクソポジチェッカー。

 

含み損を抱えて右往左往している人やその人達の阿鼻叫喚の声が聞こえるまで攻めようと企むヘッジファンド、はたまたどこで相場にエントリーしようか虎視眈々と狙いを定めている個人投資家の顔が目に浮かぶほど生々しいFXの悪魔のツールです。

クソポジチェッカー,見方,使い方,OANDAのオーダーブック,悪魔のツール,ストップ狩り

 

疲れないFXがやりたい僕

 

「FXはゼロサムゲーム」と言われる通り、誰かが損をしないと自分が儲けることができない世界です。

 

 

ほんとチャートに張り付いているのは超疲れますし、根性も腐りそうです(笑)

 

 

この生き馬の目を抜く世界で日々ディ・トレードできるトレダーはある意味尊敬ですが、俺にはちょっと無理かなぁ。

 

 

理想を言えばポジション持ってるのも忘れるくらいのリピート注文とトレンドフォローのIFDO注文くらいでストレスなくトレードしていきたいものです。(笑)

 

(関連記事)

 

 

 

OANDAのオーダーブック(クソポジチェッカー)はこちらで見れます
https://www.oanda.com/lang/ja/forex-trading/analysis/forex-order-book

このエントリーをはてなブックマークに追加