FXのリピート系注文を取り扱っているFX会社は結構とあります。

 

私がデモで使ってみたFXブロードネットのトラッキングトレードやアイネット証券のループイフダンの他にも数社あると思います。

 

上記2社のリピート注文デモトレードの結果はどちらも常に含み損を抱えた状態でプラスになった事がない状態です。

 

自動のリピート注文は「おバカさん」

 

マネーパートナーズ,連続予約注文,極(きわみ),利点,特徴,お勧め,リピート系注文,高値掴み,安値掴み,100通貨単位,回転数,損大利小

 

私の使い方が悪いのかデモトレードだから適当にやってしまっていたかもしれませんがとにかく言えるのはロングの高値掴み、ショートの安値掴みのポジションが必ずと言って良いほど取り残されてしまうという事。

 

他社の場合のよくあるリピート注文の場合、売りか買いか、使う証拠金の額と持つポジションの数、想定する変動幅を設定すると自動的に売買をしてくれるわけですが要は「これ以上のレートではロングしたくない」、「これ以下のレートではショートしたくない」といった自分の相場観をリピート注文設定に取り入れる事が難しく、急激な相場変動があった時、何も考えずに相場の動きに追従してポジションをもってしまうため「こんな高い所で買っちゃってるよ!」「こんな安い所で売っちゃってるじゃん!!」的な事が必ず起こってしまいます。

 

少額で始めるなら100通貨単位での取引可能が必須

 

マネーパートナーズ,連続予約注文,極(きわみ),利点,特徴,お勧め,リピート系注文,高値掴み,安値掴み,100通貨単位,回転数,損大利小

 

また他社のリピート注文系は最低1000通貨単位以上のポジションしか持てませんから5万円や10万円程度の証拠金ではこの取り残されたポジションに使用している証拠金が塩漬け状態になってしまい効率的な運用ができなくなります。

 

その上、1000通貨単位以上のポジションしか持てないと少額の原資でリピート注文の設定をする場合、例えば仮にクロス円で2〜3円逆に動いた時に備えての取引余力を残しておくためには1通貨ペアーの設定で一杯一杯です。

 

1通貨ペアーのみで一杯一杯のリピート注文設定では分散運用も不可能。

 

 

FXのリピート注文を複利の力で増やしていくためにはやはり回転数を上げる事が重要。

 

広く薄く機械的に同じボリュームのポジションを持つ事で塩漬けになる証拠金が増えてしまう他社の自動リピート注文より、コアに上下する価格帯ゾーンを中心に自分でリピート注文設定をして小さめのポジション(100、200通貨単位)でも回転数を上げる方法が私は良いと考えています。

 

【リピート注文設定例】

マネーパートナーズ,連続予約注文,極(きわみ),利点,特徴,お勧め,リピート系注文,高値掴み,安値掴み,100通貨単位,回転数,損大利小

黄色い点線が私が設定したリピート注文の買値ラインです。

 

コアに上下するゾーン(レンジ)に200通貨単位の買いのリピート注文を10pips間隔で入れています。

 

同一価格に利食い30pipsと80pips程度の2本のリピート注文を設定。

 

高値掴みをしないためにレンジの下半分くらいの範囲内でのリピート注文設定。

 

レンジ下限近辺もレンジの下放たれを警戒しリピート注文は入れていません。

 

(マネパの連続予約注文画面 豪ドル円 2018年7月第3週)

 

 

マネーパの連続予約注文は自動ではない

 

リピート注文の設定のやりやすさという点では他社の方が簡単です。

 

マネーパの連続予約注文は自動ではありませんから何も自分で考えなくても買いか売りかだけ選んで後はシステムに丸投げしたいという人には向いていません。

 

上か下かはもちろん、このゾーンではリピート注文したいけれどこの価格以上、以下ではポジションを持ちたくないなど自分で判断できる人向きです。

 

逆に言えば自分がリピート注文の価格設定もすべて行うので他社のようにシステムが勝手に不本意なポジションを取ってしまってくれるというような「馬鹿な部下をもった上司の気分」を味合うこともありません。(笑)

 

自分で価格設定をしてリピート注文したい人向け

 

マネーパの連続予約注文はわかりやすく言えばエントリーポイントと利食い幅、数量を一度自分で設定して、後はシステムに自分が指示した売買を繰返しさせるという半自動のリピート注文の形式です。

 

他社のリピート注文系だと自動的に損切りポイントも設定されてしまい損切りすると数十回分の利益が吹っ飛んでしまう損大利小のトレードになりがちですがマネパの場合は損切りの有無と逆指値の設定は自分で選ぶことも可能。

 

マネーパートナーズの連続予約注文「極(きわみ)」は少し手間はかかりますが自分の設定したい通りのリピート注文をやりたい私のような人にはお勧めだと思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加