2018年6月 月利8.16%

厳密には5月の中旬にマネーパートナーズのFXnano口座に5万円の入金して、その後リピート注文の設定の仕方などを覚えつつ様子見ながらのスタートでしたから実際のところは一月半くらいの運用実績になるかもしれません。

 

 

 

マネーパートナーズの2018年6月末時点での実現評価損益の合計は以下の図の通り。

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

 

 

原資50000円に対して損益合計が6120円です。

 

多分、一月半くらいの運用だったので月利とすれば6120÷1.5(ヶ月)÷50000×100=8.16%

 

一応ほぼ年利100%換算程度の実績は出せたようです。

 

まだマネパの連続リピート注文の設定のやり方を熟知していない段階ではまずまずでしょうか。

 

 

 

基本的には2018年6月は豪ドル円とニュージーランド円のロングのみで設定していたと思います。

 

下図のチャート上で黄色い点線で表示されているのが自分が設定したリピート注文のポイントです。
(この線の表示、非表示は設定で簡単にできますので邪魔くさくてチャートが見づらいという場合は消すことが可能。)

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ

 

 

 

長い運用の中では必ず含み損を抱えるポジションを持つ状況もありえますから小心者の私はマイナススワップになるリピート注文の設定はしない方針です。

 

しかし、ここ最近の豪ドル円とニュージーランド円の動きをみますとレンジ上限と思われるところでわかりやすく叩き落とされていますから裁量では短期のショートポジション(マイナススワップ)も持っていきたいとはおもいますが。

 

(関連記事)

このエントリーをはてなブックマークに追加