2018年7月 月利16.54%

2018年7月のマネーパートナーズのFXリピート注文を使った運用実績は下図の通りでした。

 

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ,連続予約注文「極(きわみ)」,ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)

 

リピート注文,運用実績公表,月利,年利,月別,マネーパートナーズ,連続予約注文「極(きわみ)」,ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)

月初証拠金残高58714円に対して損益合計が9710円です。

 

月利とすれば9710÷58714×100=16.54%

 

年利換算すれば198%。

 

2018年7月は出来杉君の運用実績ですな。

 

 

 

豪ドル円とニュージーランド円が想定の範囲内で上下してくれました。

 

現段階では少額の証拠金のため200通貨単位をコアレンジでは約10pips毎にリピート注文を設定し、利食い30pips程度とレンジ上限辺りで利食う注文を同価格に1本づつ注文を入れています。

 

コアレンジの下では少しリピート注文の間隔を広げてレンジ上限辺りに利食い注文を入れる設定でした。

 

 

ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)も当面の上限を付けたと判断して1.5800〜1.5850辺りにスワップの付く売りのリピート注文も実験的にいれています。

 

 

私はFXのリピート注文をマネーパートナーズの連続予約注文「極(きわみ)」という発注方法を利用して行っています。

 

過去にFXブロードネットのトラッキングトレードやアイネット証券のループイフダンなどのリピート注文系をデモ口座で試してみたことがあるのだがいくつかの理由からマネーパートナーズの連続予約注文「極(きわみ)」を利用しています。

 

 

ここらの違いとマネパを選んだ理由は書き出すと長くなるのでまた別ページに書いていきたいと思います。

 

(関連記事)

このエントリーをはてなブックマークに追加