2018年10月は月利8.08%

2018年10月のマネーパートナーズのFXリピート注文を使った運用実績は下図の通りでした。

 

2018年10月FXリピート注文運用実績

2018年10月FXリピート注文運用実績

 

期首証拠金残高122483円に対して損益合計が9900円です。

 

月利とすれば9900÷122483×100=8.08%

 

単月で見れば月利8.08%ですから年利換算すればほぼほぼ年利100%近い数字だと言えます。

 

 

 

2018年10月はまだまだ豪ドルストレート(AUD/USD)、ニュージランドドルストレート(NZD/USD)の下攻めが続いていましたので本格的に豪ドル円、ニュージーランド円のリピート注文が入れられない状況でしたので安全策重視の控えめなリピート注文での運用とツッコミ過ぎで売られた場面では裁量でロングを入れて50pipsくらい戻したところでサクッと利確という感じの運用でしたのでリピート注文向けの投資環境ではなかった割にはまずまずのリターン率だと思います。

 

 

 

さて問題は11月はリピート注文をどのように設定していくかという点です。

 

メインのリピート注文を設定したい豪ドル円とニュージランド円ですがこの記事を書いている時点ではそろそろ本格的に豪ドルストレート(AUD/USD)が底を打ったと判断できる状況になってきたと判断していますのでガッツリと豪ドル円、ニュージランドドル円のりピート注文を新規で設定し直しました。

 

【豪ドルドル日足】

2018年10月FXリピート注文運用実績

 

底打ちと完全に判断するにはまだ早いが、まだまだ上にロスカットの買いが溜まっているようなのでほぼ間違いないと判断しています。

 

2018年10月FXリピート注文運用実績

 

 

 

 

 

9月末からじっと待っていたメキシコ・ペソ/円のリピート注文も計10000通貨程度指値に掛かって保有している状態です。

 

メキシコ・ペソ円はそのままスワップ狙いで保有しててもいいんですがマネーパートナーズのこの口座はリピート注文でどれだけ利益を年利100%を目標に回転させるかがテーマの口座ですからリミット6.100にすべて利益確定の指値を置いています。

 

 

 

メキシコ・ペソ円のスワップは圧倒的に「みんなのFX」が有利ですからそちらの口座ではリミットを入れずに長期保有目的で指値の掛かったポジションを保有していきます。

 

とりあえず「みんなのFX」ではメキシコ・ペソ円5.00円くらいまで買い下がるつもりで当面50000通貨まで保有するスタンスで行きたい。

 

 

 

10月末に行った新たな試みとしてインヴァスト証券の「トライオートFX」で収益率1位の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」(「コアレンジャーAUDNZD」)というFXリピート系自動売買に興味のある人達に大人気の自動売買を自分流に改良した設定をマネパのリピート注文で設定してみましたので11月はこれがどう機能してくれるか楽しみです。

 

ぶっちゃけ「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」のロジックは公表されているわけですからそのロジックをそのまま真似して同じ設定で運用れば自動売買の取引手数料が1取引30円も取られるインヴァスト証券の「トライオートFX」より手数料を取られないマネーパートナーズのリピート注文を使って運用した方が断然得だと断言できます!!

2018年10月FXリピート注文運用実績

 

この「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」を真似たリピート注文に関してはまた詳しく書いて行きます。

 

この記事は結構と皆さんにも使える内容になると思いますよ!

 

ただ色々とロジックを調べて記事にするのに時間が掛かるのでご容赦を。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加