12月は月利1.05% ジョボいね

11月は確定損益ゼロという結果でしたが12月も中々月利8%には程遠い成績でした。

 

2018年12月FXリピート注文運用実績

 

今回年末からのクロス円ショートの大波でロスカットされないように50000円追加入金していますので原資が一時的に増えていますがトレードに使っていませんので実際のところの計算では1388÷132124×100=1.05%という結果でした。

 

 

 

本来ロスカットされないように追加入金することはレバレッジの計算が甘いわけで全くもって反省ですね。

 

この記事を書いている1月4日もいわゆる「アップル・ショック」と名付けられそうなクロス円の瞬間的暴落の含み損をガッツリ抱え込んでいる状況です(汗)

 

ぶっちゃけアップルの業績不振なんて後付けの理由で正月休みでお屠蘇気分のミセス・ワタナベのような日本人投資家をターゲットにしたストップ・ロス狩りでしかないわけですが。

 

 

 

ついこの前まで豪ドル円とかは84円近くに居たわけですから短期間に12円以上の大暴落ですからリーマンショック級の世界的恐慌でもないのにここまで下げるのは想定外でした。

 

まぁこれで下げ終わったかどうかわかりませんがとにかく悲鳴が聞こえなくなほど徹底的にやるのが「奴らのやり口」だと改めて肝に命じました。

 

2018年12月FXリピート注文運用実績

 

優秀なFXトレーダーはトレードしない時期

 

今回つくづく感じたのは優秀な生き残っているFXトレーダーは12月中頃から1月の日本の成人の日くらいまではトレードしない人が多いのはこういう事なんだなという事ですね。

 

早い人では11月22日(木) の感謝祭( Thanksgiving Day)くらいからポジションを整理しはじめるようですし。

 

 

 

サラリーマンや日頃忙しい主婦などは年末年始の空いた時間にFXやりたいな〜、スワップが付くクロス円のロングがいいかしら〜な〜んて感じでトレードする方はもろファンドの餌食になるわけです。

 

今回の年末年始を始めゴールデンウィークやお盆休みなど日本だけ連休が続く時期はほんと要注意ですね。

 

それらの連休前はクロス円ロングは手仕舞いしておくくらいのスタンスで考えていたほうが良いかもしれません。

 

2018年12月FXリピート注文運用実績

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加