FXリピート注文実践記【年利100%への道】

なんと11月のリピート注文損益はゼロ!!

もちろんマネーパートナーズのリピート注文の設定は11月もしていたわけですが損益確定したポジションが無かったということで2018年11月の確定収支は0円という結果になりました。

 

2018年11月FXリピート注文運用実績

 

理由としてはリピート注文のメイン通貨ペアーである豪ドル円とニュージーランド円が高値圏で推移していたため設定していたリピート注文の価格帯まで下がって来なかったのとメキシコ・ペソ円のリピート注文は掛かっているものの設定リミットまで到達しないためにポジション保有中という状態です。

 

 

 

インヴァスト証券の「トライオートFX」で収益率1位の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」(「コアレンジャーAUDNZD」)というFXリピート系自動売買のロジックを自分なりに改良しての運用も豪ドル/NZドルが1.04914NZドルを割り込み、2017年7月以来の安値をつけてる状況ですから含み損の状況ですね。

 

私はマイナススワップが付く豪ドル/NZドルのロングの設定は本家の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」(「コアレンジャーAUDNZD」)より深追いしないリピート注文にしていますので心配するほどの含み損もありませんが本家の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」では1.1005以下からロングが発動する設定ですから中々の含み損が発生してるんじゃないかと思います。

 

インヴァスト証券の「トライオートFX」で「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」の自動売買をしている人は気が気じゃないのではないかと思います。

 

 

今月12月に入ってからは例えば豪ドル円で言えば82円より上ではリピート注文の設定はしないという感じで高値を追わない安全性重視の設定でしたから11月はリピート注文に掛からなかったわけですが12月に入ってからのドル円、クロス円の調整下げ?でリピート注文は発動しているという状況ですね。

 

 

 

年利100%を目指すためにはこういう月があるのはあまり良くないわかですがFXをやるにあたって最も重要な事は「退場しないこと」「リスク管理をきちんとする事」だと考えていますのでそこらの優先順位は今後もきっちりと厳守していこうと思います。

 

みんなのFXでの裁量取引スタートから約70日の成績

最近は裁量取引は主にスプレッドの安いみんなのFXを使ってトレードをしています。

 

9月26日から使い始めているようなので約70日くらいですかね。

 

この期間の運用成績は以下の通りです

2018年11月FXリピート注文運用実績

2018年11月FXリピート注文運用実績

 

あまり読者さんに自慢して見せるような取引内容ではありませんが70日で収益率22.65%は自分的には上出来の部類です。

 

本来、裁量取引はあまり好きではないのですがリピート注文が思うように回ってくれない期間も長い運用期間の中には必ずありますから「機械的に感情を排除した裁量取引」のスキルも今後はもっと研究して行くつもりです!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 


関連ページ

2018年12月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2018年10月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2018年9月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2018年8月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2018年7月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2018年6月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。