FXリピート注文実践記【年利100%への道】

9月は流れが変わるか??

2019年8月は決済損益1457円のプラスという結果でした。

 

月利では1475÷262151=0.563%という成績です。

 

2019年8月FXリピート注文運用実績

 

 

 

ホントに為替を専業にして生きている人は8月なんて市場参加者が少ないチョッピーな値動きをする月は博打的要素が強くなるのでお休みなんて方も多いようです。

 

裁量での口座は8月はマイナスでしたし俺も来年からは8月はチャート見ながらのトレードはやめようかなとも思います。

 

そろそろ市場も通常運行モードへ

 

2019年8月FXリピート注文運用実績

 

毎年9月第一月曜のアメリカやカナダは祝日のレイバーデー(労働者の日)開けから長い夏休みを終えた大口投資家さんたちは戻って来るとのことですからそろそろ市場も通常運行で行く感じですかね。

 

 

 

昨日9月4日辺りから米中貿易交渉の進展の兆しや香港問題の明るいニュースが出てきたことも有って円安の流れではありますがそう素直にこの流れが続くなんてFXやってすっかりひねくれてしまった私は信用していませんがね・・・。

 

 

 

FXリピート注文の運用状況は月に一、二回くらいしか見ない「基本放置」でやっていきたいので極力マイナススワップ方向の設定はしたくないのでもちろん円安方向に動いてくれればうれしいですがせめてある程度の規則性をもって動いてくれればもう少し利益も出るのかな。

 

ちなみに昨年は9月から12月上旬までは円安の流れでリピート注文にはトレードし易い状況でしたが今年残りの期間はさていかに・・・

 

 

 

たまにしか見ないせいもあるかもしれませんがマネパはやはりみんなのFXよりスワップポイントが良いような気もしますね。

 

実は地味にスワップポイント高いのは大和証券だったりもするんですけどね(笑)

 

 

オアンダのリアル口座開設してみました

 

今月からオアンダのリアル口座を使った裁量取引を初めて見ます。

 

基本は指値注文での取引を想定しています。

 

 

 

オアンダ使う理由はただ一つ。

 

オープンポジションこと「クソポジチエッカー」をもっと裁量取引で使いこなしたいからです。

 

 

 

無料版のオープンポジションは一時間のタイムラグが発生してしまうので相場が大きく動いている時は信頼性がイマイチなんです。

 

リアル口座を開設するとパソコンやスマホで0分〜最大でも20分のタイムラグでオアンダの顧客のオーダー状況を盗み見ることができます。

 

 

 

オーダー状況の中でも一番のメリットは逆指値の入り方が一目瞭然にわかる事です。

 

逆指値イコール損切オーダーですからここまで値が来ると困っちゃう人がどれくらいいるかがわかるという事です。

 

実際のMT4の画像はこんな感じです。

 

2019年8月FXリピート注文運用実績

(やけに地味な色使いにしているのは目が疲れないように俺が設定しなおしているのでデフォルトの色使いは異なります)

 

 

スワップポイントは別にしてFXは「ゼロサムゲーム」と言われるように誰かが損をしないと誰かが儲からないという図式で成り立っています。

 

 

根性の悪い人間にはなりたくありませんが勝負の世界ですから勝つためのツールは積極的に利用していきたと思います。

 

 

オアンダのリアル口座の特徴とオープンポジションの詳しい話は別記事にも書いていますし、今後も使い勝手やその有効性など今後も書いていく予定ですのでよろしかったらご覧ください。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


 


関連ページ

2019年7月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年6月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年5月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年4月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年3月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年2月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。
2019年1月FXリピート注文運用実績
FXリピート注文の月別運用実績を包み隠さず公表していきます。