積立FXとは?使い勝手の評価

2017年05月からSBI証券の積立FXの口座を開設し積立の外貨貯金的な目的でFXの投資をスタートしています。

 

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

2017年は五万円だけ入金して様子見スタートでしたから現在の入金額25万円にしたのは2018年ですので実際の投資期間はほぼ一年位となります。

 

219年3月31日現在の利益はトータルで5701円ですからざっと年利で言えば2.3%くらいと言うところでしょうか。

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

積立FXとは?,積立FX,sbi,スプレッド,レバレッジ

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

積立FXは1通貨から売買が可能

 

SBI証券の積立FXの一番の魅力は1通貨から売買が可能なところですね。

 

 

 

例えばドル円とかなら1ドル=110円分とかから売買ができるというわけです。

 

「あら!今日は人参がお安いわぁ〜!」的な感じで「あら!今日は南アランドがお安いわぁ〜!」とかで南アランド円買うようなの使い方も可能ですね。

 

低レバレッジで安心して運用ができる

 

レバレッジは米ドル円、豪ドル円、ニュージーランド円、カナダドル円、ポンド円などは1〜3倍。

 

南アランド円、トルコリラ円などの高金利通貨は1〜2倍まで自分で選べるという設定です。

 

俺の好きなメキシコ・ペソ円がないのが残念ですがSBI証券さんぜひ積立FXにメキシコ・ペソ円も入れて下さい!!

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

より堅実にリスクを取りたくない人は普通の外貨貯金と同様にレバレッジ1倍で運用するのもありですし、現在の価格より半値以下に相場が下がる事はないと判断すればレバレッジ2倍を選択するなど個人の投資スタンスで通貨ペア単位でレバレッジが選択できるのもナイスなところですね。

 

外貨貯金と比べて桁違いの手数料の安さ

 

一般的に銀行などの外貨貯金ですとレバレッジ1倍でFXでいうところのスプレッド(売買手数料)が2円も取られる所が多いわけですが、SBI証券の積立FXですと例えばドル円で0.05円(5銭)ですから1/40の手数料で売買が可能です

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

常々思っていましたが今までの外貨貯金の手数料ってどれだけ「ボッテた」って感じですね。

 

こんなふうに圧倒的な取引手数料の価格差(40倍)になってしまえば銀行で外貨貯金をするのはスマホもパソコンもないおじいちゃんおばあちゃんだけでしょうから、そりゃ大手銀行もリストラや合併しないと持たないでしょうねぇ〜。

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

変態的積立FXの楽しみ方

 

俺のSBI証券の積立FXの利用方法も感覚的には「少しだけレバレッジを掛けて外貨貯金をしたい」というノリですので、ほとんど取引口座を開くのは例えば2019年1月に発生したフラッシュ・クラッシュなどの時に買いを入れる時などクロス円が暴落してパニック相場になっている時くらいです。

 

そんな時くらいしか口座を開かないのであんまり儲かってる印象はないのですがクロス円が調子がいい時にはそれなりに利益が乗っているのかと思います。

 

今日公開している取引口座の状況は2019年3月31日のものですのでクロス円はどちらかといえば低迷している状況ですからその状況でそれなりに利益が出ているのは少なくとも銀行の普通貯金にお金を眠らせて置くよりは良いと私は思っています。

 

 

取引口座を開くと各通貨の平均購入レートが表示されますので「その平均レートより下がってくれたら買いたいなぁ〜」とか本末転倒的な楽しみ方も可能ですwww。

 

もちろんほとんど放置ですのでスワップ(利息)の付くクロス円のロングでの取引になりますが次にいつか来るであろうクロス円暴落祭りに備えて口座開設して置くのもよろしいのではないかと。

 

SBI FXトレード 積立FX

 

SBI証券の積立FXのスワップポイントはいいのか?

 

積立FXというだけあってスワップ金利(利息)が付くクロス円のペアーが積立対象なわけですが肝心のスワップポイントが低くては残念な事になってしまいますがその点はどうなのか?

 

 

 

100通貨単位という比較的小ロットで取引が可能な私もリピート注文用に利用しているマネーパートナーズのパートナーズFXのスワップポイントと比較してみましょう。

 

SBI証券の積立FXのスワップポイント表
(2019.3.31現在)

積立FXとは?使い勝手の評価

積立FXとは?使い勝手の評価

 

マネーパートナーズのパートナーズFXスワップポイント表
(2019.3.31現在)

積立FXとは?使い勝手の評価

 

SBI証券の積立FXは1通貨単位での表示、マネパは10000通貨単位での表示ですからSBI証券の積立FXの方を10000倍して見比べてもらいたいのですが例えばドル円のスワップポイントを見るとSBI証券の積立FXは82円ですがマネパは32円とSBI証券の積立FXの圧勝でした。

 

 

 

この記事書くまでよく比較したことなかったんで正直びっくりです。

 

ドル円だけ見てもぶっちゃけマネーパートナーズのパートナーズFXのスワップポイントの倍以上の成績と1通貨から買えるFX口座としては文句のつけようがないレベルと言えます。

 

てかマネパもう少し頑張れよっ〜!!

 

SBI証券の積立FXのデメリット

 

スプレッド(売買手数料)とスワップ(金利)は充分に合格点なSBI証券の積立FXですがデメリット(欠点)はないのでしょうか?

 

 

 

ひとつ注意点として積立FXはあくまで積立用の口座ですので各建玉単位での売買はできません

 

各通貨ペアごとに総購入残高と平均購入単価の表示になりますので○月○日に買ったポジションの分だけ利益が乗っってきたのでポジションを解消したいというような売買はできません。

 

積立FXとは?使い勝手の評価

 

 

 

もちろん取引履歴でいつどれくらい買ったかはわかりますのでその分だけ売ればいいわけですが、あくまで積立用のFX口座という使い勝手になって居ますので通常の建玉別の売買にはできない仕様になっています。

 

外貨の毎月の自動積立も可能

 

私は高い時に買うのが嫌なので使っていませんが面倒なことが嫌いで自動でやりたいという方には、例えば毎月、南アランド円を日本円で10000円ずつ定期購入するなどという設定も可能ですので銀行の積立貯金が好きな方なんかにはおすすめですね。

 

SBI証券の積立FXの利用評価まとめ

 

僕がこのSBI証券の積立FXを初めて一番感じた事は「平均購入価格を下げる快感」です。

 

普通ロングを持っていて相場が下がるのは痛いわけですが「よしゃ〜!これでまた平均購入単価を下げられるぜ!!」という楽しい気分にさせてくれるということですね。

 

 

 

通常の別口座での利益でこちらの積立FXにクロス円の暴落毎に買い増ししていって、とりあえず口座残高1000万まで増やして放置プレーが当面の目標ですwww。

 

SBI FXトレード 積立FX

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加